つかもうとしてもつかめない法則

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、苦しみを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 自分に合った企業へ転職したいのに、なぜかさらに厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

「つかもうとしてもつかめない法則」

それと

「消そうとすると消えない法則」


表現は異なりますが、

心の向き合い方について、

言い表しているもので、

2つとも、その本質は

同じことを言っています。


その本質とは

人が意識を向けたモノに必ずエネルギーが

注がれるという

『エネルギーの法則』のことです。


私の性質の1つに、

「後になっても気にする」という

少し厄介なクセがあります。


すべて終わった過去の出来事なのに、

なぜか心の中でくすぶっている、

一度そのことに囚われると、

長い間、心の中に残ったまま、


気を紛らす行動もして、

消えたと思っても、

また何かのキッカケで思い出し、

その都度、不快な気分になることが

結構な頻度であります。


そのことが伏線となり結果として、

いろんな局面へ影響を与えることに

なります。



集中力の欠如、行動の無意識化、

作業効率及び記憶力の低下など、


パフォーマンスの低下により、

私だけでなく、

周囲の家族や仕事先にも

迷惑をかけてしまう事態を

招くこともあります。 


そんな事柄をとてもわかりやすく

表現されている本の行がありますので、

ご紹介致します。


心を掴もうなどとは
しなくてもいいのです。
心を掴もうとした時には
迷いの最たるものです。
そのまま動いていれば

安じているのです。

眠れない時に眠ろうとすると、

眠れないけど、

何とも思わなければ

眠ってしまいます。

なんとなく動いているものを

平地に波乱をおこす

というように、

身体のなにも

傷ついていないところに

傷をつけるようなものだ

ということで、

そのようになると

これは治るまではやっかいです。

なんにもしなくていいものを、

人間というのは

余計なことをするわけです。


[放てば手にみてり『正法眼蔵』弁道話 講話 

余語翠巖著 P103.L1~6 地湧社 

改行及び強調は田中]


「自縄自縛」という熟語がありますが、

まさにそれを表現しているように思います。


余計なことを考え過ぎれば過ぎるほど、

ますます迷妄のドツボにハマってしまい、

それに余計な行動が加わると、

さらに収拾のために無駄な時間と

労力をかけてしまう、

という事態となります。


このように説明してしまうと、

『エネルギーの法則』がネガティブの

元凶のように思われてしまいがちですが、

実はそうではありません。


全く真逆の使い方が

本来の正しい使い方であることに

最近になって気づいたのです。


つまり、自分が本当にやりたいこと、

本気で時間を忘れるくらい

集中できる好きなこと、

心からワクワクして楽しめること、


本来はそんな状況へ意識を向けるのが、

最も効果的な『エネルギーの法則』

活用となります。


要は"意識の方向づけの違い"

だけなのです。


つまり、それに気づけるか、

気づけないかも、

ご自分の心次第なのです。


その転換の糸口は、私達は通常、

善悪、優劣といった判断や評価を

下してしまいがちですが、


一歩いや半歩でもいいですから、

できる限り自分の心を客観的に

距離を置いて、その動きを注意深く、

そして丁寧に観ていくことにより、

少しずつ気づきを広げていく以外に

方法はないように思います。


なぜ、私達はそのようなことを

しなければならないのか?


確かに心や意識を成長させるという

目的もあります。


しかし、より本質的な目的は、

人それぞれの『創造活動』にあります。


『創造活動』というと作家、音楽家、

画家など芸術家の活動を意味している

と思われがちですが、

それは限定的な解釈に過ぎません。


実際、私達人間は日常生活や仕事を通して、

日々、『創造活動』を行なっています。

そして、それが心や意識の成長の

"原動力"となっているのです。


私のようなマンション管理員でさえ、

ルーティーンとか、

ワンオペレーションとか言われても、

日々の業務は異なります。


つまり、より精細に観ていくと

目の前の「人」「事」「物」と

向き合いことで、少なからず

日々刻々と変化しているのです。


今、何ができ、何を学び、何を識り、

何の役に立てるのか、

それを前提に工夫し行動に移すことで、

その変化に対応していること自体が、

そもそも『創造活動』をしているのです。


つまり、人間なら誰しも生きている限り、

人それぞれ形式や表現の違いはあれ、

何らかの『創造活動』をしている

ということになります。


そして最も重要なことは、

自ら『創造活動』をしているという

自覚があるかないかなのです。




最後にカウンセリング・サービスについて

ご案内致します。


サービスの料金設定はしておりません。

『お気持ち』という形でご対応させて頂きます。


もし、困惑され、ご判断が難しいようでしたら、

ご遠慮なく、お気軽にご質問ご相談下さい。

もちろん、お支払いについては無償でも

喜んでサービスをご提供致します。


また、お支払いを頂く場合でも、

クライアント様のお考え、ご都合に

できる限り合わさせて頂き、

カウンセリングを受けられる前後

どちらでも結構です。


カウンセリングの形式は、

対面、Skype、LINE、お電話など、

クライアント様のご希望に

可能な限り合わせます。


お時間については、1時間位を

目安とさせて頂きます。


ご相談内容は、

・自分に自信が持てない、

・イライラが消えないので何とかしたい、

・恐怖や不安でたまらない、

・誰かに話を聞いてほしい、

・人間関係でもう悩みたくない、

・心が楽になる方法を知りたい、

そんな想いでお悩み、お困りの方は、

どうぞお気軽にご相談下さい。


ただし、やむを得ず、交通費、通信料、

貸室の使用料など費用が発生する場合、

申し訳ありませんが実費をご負担頂きます。


いつでもメールによる無料相談を承ります。

そのような方々も、すべて下記の

メルマガ登録(無料)頂き、

ご相談の内容を伺えれば、

3日以内にお返事させて頂きます。

        ↓

http://lightworker.extrem.ne.jp/acmailer/form.cgi


また、LINEでも無料相談を受付け致します。

どうぞお気軽にご利用下さい。

LINE ID:@owl3396c

なお、メルマガ登録(無料)頂けましたら特典として、

下記の2種類の資料を差し上げます。


第1弾「『うつ病+パニック障害+発達障害』

   だからこそ人間関係はうまくいく」(A4・10ページ)


第2弾「『うつ病+パニック障害+発達障害を克服したい』

   だったら、これしかない!」(A4・22ページ)


ご登録確認後、近日中に資料をメールにて添付致します。

それまで少しだけお待ち頂きます様、

よろしくお願い致します。

なお、メルマガ解除は、いつでもできますので、

お気軽にご登録下さい。


ここまで読んで頂いてありがとうございました。

ご興味、ご関心を持たれましたら、

このブログの感想のコメントを一言でも頂けたら

今後の励みになり、嬉しく思います。

よろしくお願い致します。

0コメント

  • 1000 / 1000