人間のすべて行動は、『愛』か『不安』に根ざしている

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、苦しみを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 自分に合った企業へ転職したいのに、なぜかさらに厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

私は『愛』について語るのは、

苦手で、恥ずかしい、

照れくさい、面倒くさい、

これまで、そんな感じを

長年持っていました。


『愛』とは?

と尋ねられたら、

『思いやり』と答える程、

狭い感覚での表現しか

頭に浮かびませんでした。


しかし、近年、『本当の自分』

真剣に向き合う、そして避けられそうにない

局面が増えるに連れ、時間とともに

少しずつですが、私の気づかないところで

"心の化学反応"が進んでいたようです。


そして『愛』の定義を言葉で表現することは、

極めて難しいことに気づき始めました。


そんな矢先、先日、メンターの講話の中で

紹介された、ある本が不思議に

なぜか頭に引っかかっていました。


その本に、こんな行があり、

思わず目が止まりました。

内容は極めて"シンプル"でありながら、

心の深いところで共鳴したようで、

"納得感"と言うか、神妙な感覚で真剣に

受け留めていたように感じました。


人間の行動はすべては、
愛か不安に根ざしている。
人間関係だけではない。

ビジネスや産業、政治、宗教、

子供たちの教育、国家の社会問題、

社会の経済的目標、戦争や平和、襲撃、

防衛、攻撃、降伏に影響を及ぼす決断、

欲しがったり与えたり、

ためこんだり分けあったり、

団結したり分裂したりという意思決定、

自由な選択の選択のすべてが、

存在しうるただ二つの考えから発している。

愛という考えか、不安という考えから。

不安はちぢこまり、閉ざし、引きこもり、

走り、隠れ、蓄え、傷つける

エネルギーである。

愛は広がり、解放し、送り出し、とどまり、

明るみに出し、分けあい、

癒やすエネルギーである。

不安があるから、もっているものの

すべてにしがみつき、かじりつくが、

愛があれば、もっているすべてを

与えることができる。

人間の考え、言葉、行為のすべては、

どちらかの感情がもとになっている。

ほかに選択の余地はない。

これ以外の選択肢はないからだ。

だが、どちらを選ぶかは自由に決められる。


[神との対話① ニール・ドナルド・ウォシュ著、

吉田利子訳 サンマーク文庫 P43.L8~P44.L5 

改行 抜粋 強調は田中]


紛れもなく真実を伝えている内容で、

しかもスピリチュアル特有の専門用語もなく、

わかりやすさに好感が持てました。


さらに個人的に、『愛』について、

このような表現で言い表わすことに

意外ほど軽い感じで、スゥーッと

腑に落ちたように思います。


「人間の真価が常に試されている」


確かに真理を伝えているように

感じました。


しかし、そのように思われる一方で、

では、実際にそのような決断を迫られた時、


「本当に私は正しい判断ができるか?」


そんな疑念が正直、湧いてきました。


このような考え方をするのは、

私だけなんでしょうか?



生まれや育ち、生活環境の違いもあるか

と思いますが、人間の心とは、

もともと怠惰にできている

そのように思えるのです。


だから、目の前に起こる出来事でも

ついつい惰性というか、無意識というか、

あるいは迷いや恐れからか、


何もしないままでいると、

今までの思考パターンにハマる場合が

多いように思います。


そうなってしまうと、知らず知らずのうちに

『不安』に根ざした行動に至る可能性が

必然的に高くなるような気がします。


では、どのようにしたら、

もう一つの『愛』に根ざした行動を

取ることができるのか?

ということに焦点が当てられます。


誰もが心の中の奥では、

「そうしたい、そう在りたい」

と思っている、願っている、

しかし、一方では

「そんなことできない」

というような葛藤が出てる場合もあります。


前出のように『愛』か『不安』という

"シンプルな選択""自由に選択できる"

もとからそうなっているのに関わらず、


自分自身の固定観念に囚われ、

自ら不自由にしている、

もしくは縛り付けている、

そのように選択しているとしか

思えないのです。


目の前に起こった出来事に対して、

「あーだ、こーだ」とズーッと長い間、

考えたり、悩んだりする前に、


もともとその選択は自由であることを

本心から気づいて自覚できたなら、

もっと楽に選択できるようになる

と思いませんか。


これは、私の個人的な意見ですが、

『愛』と『不安』は別々のものでなく、

また、分かれているものではない、

と思っています。


"愛そのものの姿"と言われる、

人間の赤ん坊のごとく、

本来は『愛』しかなく、

『不安』は最初からなかった、

それがただの幻想に過ぎなかった

ということに気づくかどうか、

それだけなのです。




最後にカウンセリング・サービスについて

ご案内致します。


サービスの料金設定はしておりません。

『お気持ち』という形でご対応させて頂きます。


もし、困惑され、ご判断が難しいようでしたら、

ご遠慮なく、お気軽にご質問ご相談下さい。

もちろん、お支払いについては無償でも

喜んでサービスをご提供致します。


また、お支払いを頂く場合でも、

クライアント様のお考え、ご都合に

できる限り合わさせて頂き、

カウンセリングを受けられる前後

どちらでも結構です。


カウンセリングの形式は、

対面、Skype、LINE、お電話など、

クライアント様のご希望に

可能な限り合わせます。


お時間については、1時間位を

目安とさせて頂きます。


ご相談内容は、

・自分に自信が持てない、

・イライラが消えないので何とかしたい、

・恐怖や不安でたまらない、

・誰かに話を聞いてほしい、

・人間関係でもう悩みたくない、

・心が楽になる方法を知りたい、

そんな想いでお悩み、お困りの方は、

どうぞお気軽にご相談下さい。


ただし、やむを得ず、交通費、通信料、

貸室の使用料など費用が発生する場合、

申し訳ありませんが実費をご負担頂きます。


いつでもメールによる無料相談を承ります。

そのような方々も、すべて下記の

メルマガ登録(無料)頂き、

ご相談の内容を伺えれば、

3日以内にお返事させて頂きます。

        ↓

http://lightworker.extrem.ne.jp/acmailer/form.cgi


また、LINEでも無料相談を受付け致します。

どうぞお気軽にご利用下さい。

LINE ID:@owl3396c


なお、メルマガ登録(無料)頂けましたら特典として、

下記の2種類の資料を差し上げます。


第1弾「『うつ病+パニック障害+発達障害』

   だからこそ人間関係はうまくいく」(A4・10ページ)


第2弾「『うつ病+パニック障害+発達障害を克服したい』

   だったら、これしかない!」(A4・22ページ)


ご登録確認後、近日中に資料をメールにて添付致します。

それまで少しだけお待ち頂きます様、

よろしくお願い致します。

なお、メルマガ解除は、いつでもできますので、

お気軽にご登録下さい。


ここまで読んで頂いてありがとうございました。

ご興味、ご関心を持たれましたら、

このブログの感想のコメントを一言でも頂けたら

今後の励みになり、嬉しく思います。

よろしくお願い致します。

0コメント

  • 1000 / 1000