社会的価値観と霊的価値観の間で想うこと

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、苦しみを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 自分に合った企業へ転職したいのに、なぜかさらに厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

社会的価値観とは、

人間が作った枠組みのことで

物質的な価値観を中心とした、


つまり、物質だけに基づいた

思考や観念といったことを

指しています。


一方、霊的価値観とは、対象的に

見えない、形のない、触れられない、

そんな世界のことを指している、


いわゆる、スピリチュアル、

精神世界という視点での捉え方を

指しています。



私はこれまでの人生の半分に当たる

30年近くに渡って、

その間を行き来してきました。


それは、どちらの価値観にも

重心が置けなかったという

"迷いと不安の連続"

年月でもありました。


おそらく私と同じように

悩み、苦しみ続けた方も

多くいらっしゃるように思います。


最近になって、そのような方々にも、

私のこれまでの経験が少しでも

お役に立てるのではないか、

と思えるようになってきました。


世間一般を見渡したら、

社会的価値観が主流であり、

圧倒的存在であることは

誰が見ても明白です。


そして社会的価値観を

持つ続けることが、

ごく普通の考え方であり、


日常の生活や仕事といった

現実世界において、

当然のごとく入り込んでいる

共通認識がベースとなっています。


そんなメジャーな価値観を

しっかりと持っている方から見ると、

スピリチュアルや精神世界の分野は、

比較される対象となり、


うさん臭い、または思考や行動が

うわうわしているとか言われ、

忌み嫌われ、理解できない、怪しい、

そんな批判にさらされることも

出てきます。


だから、スピリチュアル、精神世界に

どっぷりと浸かり、

身を置いている方の中には、


共通の理解と認識がある家族、

伴侶、パートナー、仲間や組織、

といった恵まれた環境にいたら

安心感が得られる方もいれば、


一方で周囲の環境が厳しく、

肩身の狭い思いをされている方も、

また多いように感じられます。


ただ気がかりなことは、

前者には、社会的価値観を

持っている方とは一線を引き、

自分達とは異なるという一種の

"分離感を生み出す"

危険性を秘めています。


また後者の場合には、

"孤独感に苛まれる"という

ケースに陥る可能性もあります。


そんな状況は今も昔もそれ程

変わらないように感じます。


私自身も家族から、気を許して

少しでもスピリチュアル系の

フレーズを出した途端、

顔の表情が急変し白い目で

見られることが多々あります。


こんな個人的な状況からも

おわかりのように、現実においては、

大変厳しいモノがあります。


私の立場を言葉で表現するとしたら、


"社会的価値観と霊的価値観の間にいる"


そんな言い方になるかと思います。


そのポジションは決して中途半端で

何も役割がないという意味ではありません。


むしろ、そんな中にありながら、


"両方の価値観の間にいながら、

パイプ役として私自身が、

どのようなことができるか"、


それを模索するという

"宿命のようなもの"

感じる程、重要な役割があるように

思います。


それは、社会的価値観の奥にある本質は、

霊的価値観だと既に識っているかのような、

そんな背景があるからのように思うのです。


わかりやすく言えば、私達人間の多くは、

その実体が見えない、形のない、

という基準や判断のもと、


霊的価値観を見て見ぬ振りをしているか、

または脇に置いているかような

捉え方をしているだけで、


本質の視点から観れば、

霊的価値観という基礎の上に、

社会的価値観があるという真実を

識らないだけのことなのです。


私自身も以前から思っていたのですが、

霊的価値観をうまく説明ができる方法が

あれば、今までの状況が変わる、


つまり、この現実世界における

社会的価値観と霊的価値観の状況が

逆転する可能性が十分あるように

思えてならないのです。


ただ1つだけ、

確実にわかっていることがあります。

それは、"決まったマニュアルがない"

ということです。


これは私もまだ体験中ですので、

個人的な考えに過ぎないという

程度で聴いてほしいのですが、


表現方法の1つが『在り方を示す』

それにあるように感じています。


『在り方』言い換えれば、

『行為』ということです。


『行為』とは、心で想い、言葉で表現して、

行動で現わすことです。


「想い」より「言葉」、

「言葉」より「行動」の方が、

相手や周囲へのインパクト(影響)が

大きくなります。


「言葉」を使ってもどこかで限界を感じ、

直接そのままで表現するのではなく、


相手の理解度や固定観念を考慮して、

あえて話の矛先を変えたり、

話題に合う例え話を持ち出したり、

ぼやかすような感じの言い方をしたり、


私の経験上、そのような表現の方が返って

相手に受け取られやすかったりする

場合もありました。


次に「行動」についてですか、

私の場合、どちらかと言うと

『態度で示す』という表現の方が

より正確のように思います。


冷静さ、落ち着き、判断力、識別心、

それらから出てくる

"気概のエネルギー"

私の支えとなっているように感じます。




最後にカウンセリング・サービスについて

ご案内致します。


サービスの料金設定はしておりません。

『お気持ち』という形でご対応させて頂きます。


もし、困惑され、ご判断が難しいようでしたら、

ご遠慮なく、お気軽にご質問ご相談下さい。

もちろん、お支払いについては無償でも

喜んでサービスをご提供致します。


また、お支払いを頂く場合でも、

クライアント様のお考え、ご都合に

できる限り合わさせて頂き、

カウンセリングを受けられる前後

どちらでも結構です。


カウンセリングの形式は、

対面、Skype、LINE、お電話など、

クライアント様のご希望に

可能な限り合わせます。


お時間については、1時間位を

目安とさせて頂きます。


ご相談内容は、

・自分に自信が持てない、

・イライラが消えないので何とかしたい、

・恐怖や不安でたまらない、

・誰かに話を聞いてほしい、

・人間関係でもう悩みたくない、

・心が楽になる方法を知りたい、

そんな想いでお悩み、お困りの方は、

どうぞお気軽にご相談下さい。


ただし、やむを得ず、交通費、通信料、

貸室の使用料など費用が発生する場合、

申し訳ありませんが実費をご負担頂きます。


いつでもメールによる無料相談を承ります。

そのような方々も、すべて下記の

メルマガ登録(無料)頂き、

ご相談の内容を伺えれば、

3日以内にお返事させて頂きます。

        ↓

http://lightworker.extrem.ne.jp/acmailer/form.cgi


また、LINEでも無料相談を受付け致します。

どうぞお気軽にご利用下さい。

LINE ID:@owl3396c


なお、メルマガ登録(無料)頂けましたら特典として、

下記の2種類の資料を差し上げます。


第1弾「『うつ病+パニック障害+発達障害』

   だからこそ人間関係はうまくいく」(A4・10ページ)


第2弾「『うつ病+パニック障害+発達障害を克服したい』

   だったら、これしかない!」(A4・22ページ)


ご登録確認後、近日中に資料をメールにて添付致します。

それまで少しだけお待ち頂きます様、よろしくお願い致します。

なお、メルマガ解除は、いつでもできますので、お気軽にご登録下さい。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。


ご興味、ご関心を持たれましたら、

このブログの感想のコメントを一言でも頂けたら

今後の励みになり、嬉しく思います。

よろしくお願い致します。

0コメント

  • 1000 / 1000