「自分を抑圧していた」に気づいたが、「大丈夫」の想いはクセ者だった

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、苦しみを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 自分に合った企業へ転職したいのに、なぜかさらに厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

前回の記事、「自分を責めない」については、

長年、つきあい続けたモノですので、

私の中で、その対応について心構えができたことで、

方向性が見えてきた感覚があり、

それが少しずつ自信へとつながっていきました。


だから、「自分を責めない」について、

「自分を責める」という経験から、

"心の中でブレては戻す"、を繰り返すことにより、

そのホーダーラインが"心の感覚"として

捉えることができるようになりました。


私の主観的な"心の感覚"なので

表現が難しいのですが、

あえて言いますと、


私の場合、"本来の自分ではない"

漠然としながらも認識しているので、


「何かいつもと違って、

 ・重たくどよ~んとした感じ、

 ・憂うつ感を引きずっているな感じ、

 ・妄想に囚われて地に足がついていない感じ、

 ・相手の横柄な態度にすぐムキになる」など、


起こった出来事に対して、そんな感覚があり、


それをひと言で言うなら私にとっての


『違和感』


という嫌な、居心地の悪い感じになります。


それが少しでも感じられるようになると、

仮にホーダーラインを超えて、

「自分を責める」側にハマったとしても、

そこから抜け出せる時間が大幅に短縮されました。


そのことで自然と時間の有効利用へと意識が向き、

本来、自分がやりたいことへシフト可能となり、

集中することができました。


ところが、自分の心の中のことは、やっぱり


「わからない」


というのが真実だと改めて思い知る

体験がありました。


それは「自分を抑圧していた」

つまり、自分の感情を抑えて、

"心の出入口にフタをしていた"

というものでした。


実のところ私は、

「自分を抑圧する」なんて

"正直なところ全く私には関係ない"と思うほど、

「ノーマーク」の存在でした。


しかし、前回の記事の「自分を責めない」を書いてから、

それが"フック"となって、今回の記事へと

つながったのです。

その体験とは、次のような出来事でした。


私は定期的にメンターとセッションをしています。

そのスケジュールは、仕事や家庭のさまざま状況を考慮し、

決めます。


ある時、これまでになかった想定外の出来事が起き、

セッションのスケジュールを強行するか、延期するかの

判断に迷ったことがありました。


結果として強行することを決めたのですが、

その時の判断基準が、

「大丈夫」という想いでした。


半年以上も経過して、ようやく今頃になって

わかったことなのですが、

この「大丈夫」の想いは、

マジで気をつける必要がある、

と気づいたのです。


スケジュールを強行した「大丈夫」の背景は、

私自身がセッションを「神聖化」していた

という側面があったため、


「絶対、見えない存在に守られている」


そんなとんでもない自己中心的な

思い込み、過信があったのです。


その時の心境を裏づけるように、

想定外の出来事の影響をもろに受け、

セッション中も集中できず、

私の心の中は不安でいっぱいでした。


メンターからそれを指摘されても、
耳では聞いていても、頭がパニクリ、

理解できませんでした。


後から振り返って見ると、

「ホンマ、アホなことしてました」(笑)

60才に近いオッサンが、そんなことして

アタフタしてたのですから、

全く恥かしい限りです。


本来「大丈夫」という想いは

自分の心を落ち着かせたり、

安心や癒やすために使う言葉です。


それを真逆の不安や心配を覆い隠し、

さらにそれにフタをするような、

「自分を抑圧する」目的で

使っていたのです。


自分の都合で流れを変えようとした時点で、

言い換えると、自我意識(エゴ)へ意識が向いたことで、

心が完全にブレてしまったのです。


確かにその引き金となったのは、

想定外の出来事へ私の意識が向いたからでした。

そのような心の内外の事柄が重なって混乱し、

私は全く気づけませんてせした。


しかし、「気づけない」「わからない」のままには、

決してなりません。


今回のことは、ある程度時間を置くことによって、

ワインや納豆などの発酵食品が時間や年月をかけて

醸成されるように、少しずつ変化(変容)していった

ように思うのです。


だから、後々になって気づけたということは、

ある程度時間が必要だったとも言えるし、

また、見方を変えれば、

そのタイミングでなければ気づけなかった、

ということも言えるわけです。


私達人間の視点では、

偶然とか、たまたまとか、

そんな言い方で片づけてしまいがちです。


しかし、真実はそうではなく、

"全体の視点(大いなる存在)"の

もともと完璧な計らいとしか

考えられないのです。


それは私達人間の理解や想像を超えた世界です。


見えない、わからないことが、

「点」と「点」として「線」でつながり、

その「線」と「線」が交差して「面」をつくり、

その「面」が組み合わされることで、

さらに「立体」となるように、

完璧で無限に広がる世界なのです。


追記として、

「自分を抑圧する」で注意しなければならないことが、

1つあります。


それは、自分の意識のエネルギーが、

心を抑え込もうと知らず知らずのうちに、

内側へドンドン向けられ、流れていくため、

貯まる一方になります。


それをどこにも開放しないで、

貯まったまま放置しますと、

いつか"爆発を起こす"と言われています。


私は、それを何とか回避することが

できました。


私のメルマガ登録(無料)を頂けましたら、

私の本音エネルギー満載の2種類の資料を

無料でプレゼントさせて頂きます。


これらの資料の内容は、

私の単なる体験談ではなく、

『真実の視点』を指し示す『羅針盤』の軌跡

でもありました。


それを起点として、どのように置き換え、

ご自分の日常生活や仕事、人間関係に

生かすためお役に立てる、

ブログなどの文字情報を超えた、

ご自分だけしか得られない必要不可欠な情報も、


私と関わるセッションなどを通して、

学んで頂けるようサポート可能な状態です。


無料セッションのモニター、

先着10名様限定は募集中です。


また、私とのセッションは、

「まだ、ちょっと無理」

という方にはメールによる無料相談も承ります。

どうぞお気軽にこちらのアドレスへメールして下さい。

     ↓

lightworker@accord.zaq.jp


メルマガ登録(無料)はこちらからお願い致します

         ↓

http://lightworker.extrem.ne.jp/acmailer/form.cgi

0コメント

  • 1000 / 1000