本音エネルギーのパワー炸裂、それは『愛の光灯す』という真実

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、苦しみを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 自分に合った企業へ転職したいのに、なぜかさらに厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

今回は、以前の記事 ↓ で登場しました、

仕事先で私を困らせてくれる、Bさんの再登場です。

このBさん、この記事を書いてからも、

相変わらずで、さまざまな経験を積んできた私でも、

ハッキリ言って手強い方でした。


やっぱり、私も普通のひとりの人間です。

Bさんの都合で、週2日のペースで私の仕事場に来て話すことが、

当然のようになった、ある日、

さすがの私もついに"ブチ切れました"


"ブチ切れました"原因は、他のマンション居住者の方から

指摘された私の仕事上の不手際を示すものでしたが、

信憑性に欠ける内容だったため、

反論したのがキッカケでした。


とは言っても、Bさんは私にとって

仕事先であるマンション居住者、

つまり、お客様という立場である以上、

あからさまな反論はできないので、

これまでの背景や現状を含めて、

より正確な事実を言っただけでした。


普通なら、それで収まったのですが、

Bさんは、次に私の所属会社の担当者の対応について

矛先を変えて自論を展開しました。


担当者当人がいない状況で、そんなことを言われていも、

パートという仕事の立場上、返答を求められても、

決まっていること以外は何も答えることはできませんでした。


それでも執拗に答えを求めてこられるので、

"Bさんと所属会社の担当者の板挟み"という

自分の立場を守るなどと悠長な状況ではなく、

自分の本音を言わざろうえないところまで行きました。


そして私はついに、"心の底からブチィと切れました。"

以前の私なら、ムキになり対抗意識丸出しで、

けんか腰というか一方的に相手を突き放すような言い方で、

声を荒げ、超ネガティブなエネルギーを

ビンビンに放出しておりました。


まあ、世間でよく言われ、使われている、

"ブチ切れ"でした。


ただし、言い方がおかしいのですが、

今回はその"切れ方"が以前の私とは違っていました。


その前提となっていたのは、

Bさんはなんだかんだ言いながら、

私を頼って来られるのです。


その気持ちをありがたいという想いで受け容れ、

私が心の底から言いたかった

"本音のエネルギー"と合流したら、

目の前のBさんが圧倒される程、

私が一方的に話をしていました。


話が一区切りした時、

私はふと我に返り、思いました。


私が話をしている時、エネルギーが身体の中を

どどっと流れていくのが、明らかに感じられました。


「あれは私でありながら、私でなかった」


そんな不思議な感じでした。


ひとつハッキリと言えることは、

以前のようなネガティブなエネルギーではなく、

ポジティブなエネルギーだったようなのです。


なぜ、そんなことを言えるのかと言いますと、

私の主観的な感覚に過ぎませんが、

話している間、相手のBさん攻撃するのではなく、

私の中から出てくるエネルギーで、

やさしく包み込むような感じがありました。


そのBさんから最後に

「あんたの言いたいこと、よくわかった」

と言われた時、お顔がにこやかで真剣な表情からでした。


今回の経験から、私なりに自分の心の動きを

後から検証してわかったことがあります。


「売り言葉に買い言葉」ということわざかがあります。


この意味を一般的に言えば、

相手の想い、言葉をネガティブに受け留めれば、

次は相手に対して、ネガティブな想い、言葉で

返します。


ところが、相手のネガティブな想い、言葉の奥にある

"本質"を捉えることができたら、

その実体はネガティブではなく、

"ポジティブだけである"ことに気づけます。


それをしっかり受け留めたならば、自然に自分の口からは、

"相手に対して、ポジティブな発言しか

出てこない"、ということになります。


最後に余談になりますが、

この私が書いているブログは、

始まった当初から、一貫して

"本音のエネルギー"

これを意識しながら、書き続けています。





0コメント

  • 1000 / 1000