「希望」と「不安」は同じもの、その真意とは?

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、苦しみを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 自分に合った企業へ転職したいのに、なぜかさらに厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

ちょうど1年前の今日、日本の建国記念日から、

私の拙いブログはスタートしました。↓

私自身が今さら言うのもおかしいですけれど、

年のせいでしょうか、

"気恥ずかしい"

というのが正直な気持ちです。


そして、1年経過した、"私"を"今"このようなブログを

書きながら、成長のプロセスを味わいつつ、

そして楽しんでいることも識るようになりました。


こんな私を温かく見守って頂いた読者の皆様にも、

感謝と御礼の気持ちでいっぱいです。


さてここから、今日の本題に入ります。


今回の記事は、私の愛読書の1つ、


「キリストのヨーガ」出帆新社

(M・マクドナルド・ペイン著、仲里誠吉訳)


この本の『第5章「希望=不安」との決別』にある

内容について、私なりの解釈で書いております。


「希望」という言葉から、どんなイメージを持たれますか?

個人的に"明るい未来"、生きていくための望みや願い、

勇気やパワーを与えてくれる、

そんな言葉のイメージがあるように思います。


確かに「希望」は、人間として生きていく以上、

必要であり、必然的に発せられる想念でもあります。


では、"明るい未来"とは私達にとって

一体何なのでしょうか?


未来と表現される以上、今でもなく過去でもない、

言ってみれば、"不確定な要素が十分にある"わけです。


表現を変えて言えば、それは「不安」です。


「希望」と「不安」は

人の感情という側面から見た場合、

"入り組む"とか"入り乱れる"とか

"ゴチャになる"とかで表現されることがあります。


つまり「希望」と「不安」は"同じもの"、

という見方もできるわけです。


ちなみに、「期待」「心配」という

言葉も同じような関係になるかと思います。


ここで勘違い、誤解して欲しくないのですが、

「希望」を持ったりするな』、

ということを言っているわけではありません。


大切なのは「希望」を持つ

その"心構え、在り方"、

だと思うのです。

ところで、私達が「希望」を持つ時とは、

どんな時でしょうか?


今までの私の経験から、


家族が病気になった時、その回復を願ってとか、


子供が入学試験に合格して

希望の学校へ入れるよう願ってとか、


必ずといっていい程、祈願、

つまり、お願いごとと

結びついていたように思います。


その時の心境を思い返すと、

やはり「不安」がつきまとっていた、

そんな記憶が残っています。


渦中にいる時は、そのことで頭が一杯になり、

目の前のことが手につかない、

"心ここに在らず"

そんな状況だったように思います。


いずれも妻や娘といった家族の場合で、

私は夫としてとか、親としてとか、

そんな立場での状況でした。


「希望」「期待」

「不安」「心配」


私の場合、これらの想いが募る時は、

身内や親しい友人といった近しい関係が

多かったようにように思います。


先程、これらが"同じもの"という

表現をしましたが、以前の私の心境から考えると、

そんな自覚は全くなかったように思います。


常に、その状況に巻き込まれ、翻弄されて、

本来の自分のポジションをすっかり見失っていた。

いや、それさえも今から思えば、

確立できてなかったように思います。


今の私は、それらが"同じもの"と言った

観点から踏み込んで、起こった事象に対して、


『囚われない』


『意識(エネルギー)を注がない』


そんなスタンスに移行した感覚があります。


もっと簡単に言えば、


"そこ(心の状態)に長居しない"

                                次の行動として、

"目の前、足元にある現実の

『今、この瞬間』に向き合う"


そのような表現になるかと思います。


私のメルマガ登録(無料)を頂けましたら、

私の本音エネルギー満載の2種類の資料を

無料でプレゼント致します。


これらの資料の内容は、

私の単なる体験談ではなく、今の人生に必要だった

『真実の視点』を指し示す『羅針盤』の軌跡

でもありました。


さらに、ご自分だけしか得られない

必要不可欠な情報も、私と関わるセッションなどで

日々の日常生活の『実践』通して、

学び腑に落して頂けるよう

サポートが可能な状態です。


また、私とのセッションは、

「まだ、ちょっと無理」

という方にはメールによる無料相談も承ります。


そのような方々も、すべてこちらのメルマガ登録(無料)頂き、

ご相談内容を伺えれば、3日以内にお返事させて頂きます。

        ↓

http://lightworker.extrem.ne.jp/acmailer/form.cgi


また、LINEでも無料相談を受付け致します。

どうぞお気軽にご利用下さい。

LINE ID:@owl3396c


ここまで読んで頂いてありがとうございました。

ご興味、ご関心を持たれましたら、このブログの感想のコメントを

一言でも頂けたら今後の励みになり、嬉しく思います。

よろしくお願い致します。

0コメント

  • 1000 / 1000