自分を責めている時、マジで気づいていますか?

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、迷いを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 ホワイト企業に転職したいのに、なぜかより環境の厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

今回の記事は、自分を責めることをやめたい方へ

ヒントとなると思います。


お心当たりがあり、

そうだと思われる方、感じられる方は、

私の経験を通しての事柄ですが、

共通点が見つかる可能性がありますので、

是非、お読みになることをオススメ致します。


ネガティブ思考の代表格とも言える、

「自分を責める」(自責)の性質は、

私に限らないと思いますが、

長い年月の間、自分で抱えていたので、

正直なところ、"手強い"、"しつこい"

という印象があります。


よくよく振り返ってみると、

「自分を責める」の行為は、

仕事先や家庭など人間関係で、

小さなこと、つまならいことが

キッカケ、原因となって、

そこに至るケースが多いように

思います。


しかも、それを注意深く観察していくと

わかるようになるのですが、

心のちょっとしたスキに入り込むような

自分で意識していないと見逃してしまうような

"嫌らしい巧妙なヤツ"なのです


何年、いや何十年の月日が経っても、

私が心の成長をしなかったからか?

反省と努力が足りなかったからか?

はたまた運が悪かったのか?


結論から言えば、

気持ちが落ち込んでいる、

とわかっていながら、

まだ自分で解決できないまま、

そこそこの時間や日数の経過後、

"なんとなく収まった?"、

そんなことを繰り返していました。


そう言えば、ひとりになると、

"いつも何とも言えない虚しさだけ"

込み上げてきたことを思い出します。


しかし、自分を責めようとした時、

またはトコトン責めてしまい落ち込んで、

どんなに心がグチャグチャになった後でも、

実のところ本当は、『大丈夫』なのです。

対応1番手は、前回のブログに書きました、

「自分の心の状態に気づくこと」

これなのです!


前回、"ゆるしのレッスンの実践"

なんて書きましたが、ご存知の方も

おそらく少ないと思います。


また「奇跡講座(A Course in Miracles)」

という本をもとにした、

とても難解な概念が出発点なので、

本質は同じで、違った角度の手法に

触れていきたいと思います。


まず、その前に、

「自分の心の状態に気づくこと」

根本的な基礎となるその姿勢について書きます。


それはズバリ「あきらめない」「継続する」

この2つです!


この状況を経験のある方なら、

ご存知だと思うのですが、

今まで、やろうとして、

あるいは、できなかったことですので、

そう簡単で楽なことではないことは事実です。


しかし、最初はどんなに時間がかかろうとも、

あきらめず、忍耐強く、

自分を責めていることにできるだけ早く気づく、

それが実は1番の唯一の方法であり、

最終的に乗り越えるための"近道"なのです。


仮に、100回自分を責めたとして、

"1回だけ気づけた"

それでもOKなのです。


その経験がしっかりと潜在意識の中に組み込まれ、

そして積み重ねられますので、

次の100回自分を責めた時は、

"2回気づけた"

というように少しずつ変化していくのです。


確かにかなりの根気強さがいります。


繰り返し続けていくうちに、

そんなこと無理だ、続けらない、

あきらめたい、放棄したいなどの、

想いが出てくる可能性も十分にあると思います。


そんな方のために、

サポートする手法がいくつかあります。


その1つが、「全肯定する」です。

つまり、目の前事象すべてに対して、

その時に出てきた感情や想いを

「受け容れてあげる」「認めてあげる」

ということです。


「自分を責める」の行為の裏返しは、

"自分を信頼していない"

このことにあります。


そのための緩衝材的な手法となります。

具体的には、感情や想いが出てきた時、

ひと息つく感じで"間"を取り、

「いいよ、いいよ、こんな時ってやっぱり

 自分を責めたくなるよね、いいよ、いいよ」

こんな感じで"自分に言い聞かせる"のです。


周囲に人がいなければ、

声に出してもいいですし、出さなくても

どちらでも構いません。


大事なことは、"自分に言い聞かせる"

「受け容れてあげる」「認めてあげる」

という方向へ次第に変化していき、

"自分への信頼の足固め"となっていきます。


2つ目の手法は、

「失敗という想い」を後悔とかネガティブな想いではなく、

それが自分にとって貴重な経験ができた

「教訓」へと転換することです。


"失敗"と思った時、ほとんどの場合、

感情に流されて、どうしてもネガティブな思考に

なりがちです。


しかし、"最初はうまくいかなくても当たり前"

そんな少しゆとりを持った気持ちがあれば、

自信の積み重ねを生み出し、

その転換は可能となっていきます。


最終的には、一見失敗と見えるような、

どんな出来事も、"一度心の中で言い切り覚悟を決める"

そのことによって「教訓」として、

受け取れるようになってきます。


今回、3つ目の手法も特別に公開致します。

それは「瞑想」です。


昔からあるポピュラーな手法ですが、

私が以前書いたブログに、25年以上の昔、

「瞑想」を始めたものの、いつの間にか

自己流に陥ってしまい、一度やめてしまった

苦い経験があります。


私と比較はできませんが、

精神世界の伝説の書「心身の神癒」の著者 である

M・マクドナルド・ペイン氏も、その準備のため

ヒマラヤでの修行について書かれた

「解脱の真理」では、自ら間違った

「瞑想」を修得したことに触れいています。


つまり、時代を経ながら普及してきた「瞑想」は、

"その本質を理解しないと間違った方向へ行く"

可能性があるということを私は言いたいのです。


 その本質とは、

「正しい理解」「正しいやり方」

この2つをしっかり身につけることにあります。

それを継続して実践していかないと、

「瞑想」の本来の目的を成就することは

できないのです。

以上、「自分を責める」の行為に対して、

サポートする手法を思いのまま書きました。

これらの手法に共通してい言えることは、

"決して無理をせず、自分の心がけ次第で実践できる"

ということです。


最後になりますが、実はこれ以外にも、

とてもわかりやすく、日常生活や仕事といった

現場ですぐにできて、お金のかからない、

非常に効果的な手法もあります。


実はこの手法を実践した事例が、

私のメルマガ登録された方に送らせて頂く、

下記にご提示している2種類のオリジナル資料なのです。


うつ病、発達障害、パニック障害といった

心の病、病気や体調不良など、

健康状態がどんな状態であったとしても、


仕事や家事など日常生活に追われて、

どんなに多忙であったとしても、


嫌な人間関係、出来事があって、

長く憂うつな状態が続いていたとしても、


いつか必ず、

『大丈夫になれる』

"普遍的な手法"です。


人生のどん底にいた、この私が

ここまではい上がってこれた、

手法といっても過言ではありません。


この記事を読まれて、

ご興味、ご関心のある方は、

この機会に、このサイト内にある

メルマガ登録されることをおススメ致します。


ご登録されましたら、先程の2種類の資料を

送らせて頂き、その後、その手法について、

メルマガで詳しくご説明させて頂きます。


また、心の問題は、いくつかの手法を持っていた方が、

いろいろな人生の局面でよりスムーズに、

そして柔軟に対応できることで、

心身ともに楽な状況に変わっていきます。


そのようなことも随時、メルマガでご紹介、

ご説明していきます。


もちろん、無償にて情報をご提供させて頂きます。

よく世間では、"ただ程こわいモノはない"(笑)

と言われますが、その点はどうかご安心下さい。


ちなみに今の時点で、私の有料サービスは、

スカイプ形式(60分・1回 3,000円)と

対面形式(60分・1回 4,000円)の

2種類のカウンセリングだけです。


まだ、駆け出しの新人カウンセラーなので、

先着10名様に限り、無料モニターまだ募集中の状況です。


現状をひと言で言うなら、カウンセラーとして

どのようなクライアント様でもご対応できる、

ベース&ノウハウは持っているという

自覚はあるのですが、

恥ずかしながら、まだクライアント様から

サービス料を頂けるような実績がありません。


有料サービスに至のは、まだ時間がかかると

正直なところ思っております。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

ご興味、ご関心を持たれましたら、感想のコメントを一言でも頂けたら嬉しいです。


仕事の人間関係を通して得たものを集大成としてまとめた

「人間関係を改善したい方のためのヒント”ここに在り”」(A4・6ページ)、

私の病気の経験からたどりついた、健康管理のノウハウをまとめた

「究極の健康管理のヒント"ここに在り"」(A4・5ページ)という、

読者の皆様にお役に立てそうな、どこにも掲載されたことのない、

2つのタイトルのオリジナル資料を初めて作成しました。


以上のような私の経験則を主体とする内容の資料で、ご参考になるかどうかわかりませんが、

ご興味、ご関心があり、メルマガ登録のお手続きを頂けたら、とても嬉しく思います。

自分勝手で厚かましいお願いかと思いますが、何卒ご検討の程、よろしくお願い致します。


メルマガ登録(無料)を頂けましたら、ささやかな御礼ではありますが、

この2種類の資料を無償でご提供させて頂きます。

(なお、初めてカウンセリング等のサービスを お申し込みされた方については、 

 お手続きが完了次第、 これらの資料をメールにて添付させて頂きます。)


ご希望の方は、下記のボタンを押してメルマガ登録フォームより、ご登録(無料)のお手続きをお願い致します。

ご登録確認後、近日中に資料をメールにて添付致します。それまで少しだけお待ち頂きます様、よろしくお願い致します。

なお、メルマガ解除は、いつでもできますので、お気軽にご登録下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000