先入観、固定観念が薄れると自分の行動に躊躇、迷い、不安、恐怖がなくなるが、心のバランス感覚も重要

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、苦しみを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 自分に合った企業へ転職したいのに、なぜかさらに厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

先日、その日の勤務がスタートして間もなく、
マンションの居住者の方が、私の居る管理室に来られ、
バルコニーにスズメバチの巣が作られたので、
その処理について相談を受けました。
敷地内は木々に囲まれた豊かな自然環境ですので、
ハチにとって好都合な場所なのです。

数年前、敷地内で大きなスズメバチの巣が、
見つかった時は地元自治体に連絡して、
"ハチバスターズ"に駆除してもらった事かります。

私は、その事態を目の当たりにした事もあり、
ハチに対して、特に凶暴なスズメバチに対して、
"恐怖"という先入観が新たに加わりました。

それは、あくまでも私の体験した

過去の出来事に過ぎず、

今回、相談に来られた居住者の方には

関係ありません。

基本的な事ですが、現場の状況を見てから、

対処を判断する事にしました。

居住者の方にご案内頂き、現地で確認した時、
巣の大きさが野球のボールくらいの大きさ、
早朝の時間でスズメバチが

エサ取りに出ている状況などから、

その場で即座に撤去しました。


撤去時に手でつかみかけた時、

巣が一部壊れましたが、

何事もなく片づける事ができました。

その作業時は両手に軍手をはめたたげで、
頭や顔には防護ネットなど
何も防御するものは身につけませんでした。

巣を処理した時、以前に記事に書きました、
子ガラスの捕獲と処理の時とも、
共通する感覚に近い認識がありました。

それは、"恐怖"に対する先入観、固定観念が
少しずつ薄れてきた感覚があるのです。
最初から迷いや不安が入る余地がない感じで、
腹をくくったような感覚で

躊躇なく行動に移せたのです。


自分でも不思議に思い、
「なんでかなぁ~?」と振り返ったら、
思い当たる節がありました。

それは、これも以前に記事に書きました、
「既知の固定化から未知化へ」思考の転換の実践を
日常積み重ねてきた事が、このような心の作用を

生み出したように思います。


これは、私だからできたという事ではなく、
環境や条件という違いだけで、
あなたにも、ちょっとコツさえつかめれば簡単で、
気づきをキッカケに積み重ねていく事ができます。

ただし、今回のような2つの出来事を通して、
迅速な行動に移せるという利点があります。


しかし一方で、この感覚に依存してしまうと、
現場仕事では重要な"安全"を蔑ろにする危険性もあり、
より注意深く繊細なバランス感覚が

必要になると感じています。


0コメント

  • 1000 / 1000