「わからない」という選択、それは気づきの継続を生み出す無限の可能性への最良の選択

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、迷いを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 ホワイト企業に転職したいのに、なぜかより環境の厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

あれは確か7年前の2011年の4月か5月、

マンション管理員しとて採用され、

勤務する前の出来事でした。


ある親戚の方から、私がマンション管理員として

勤め始める事を知り、こんなアドバイスを

受けた事がありました。


「居住者の方から何か尋ねなれても、
 わからない事は、わからないとハッキリ答えた方がいい。」

私はその時、
「当たり前の事なのに」
という感じで軽く聞き流していました。

ところが、いざ現場での仕事を始めたら
ほとんど私が経験した事のない出来事ばかりでした。
1人だけの勤務なので、すぐに聞きたい事があったも、
そばに教えてくれる人はいない状況でした。

所属会社の担当者に指示を仰ぐ事もありましたが、
現場でしか判断できない、もくしは諸事情から

尋ねられない事柄もありました。


そんな特異な事柄は、意外に多く、
同じグルーブの気心の知れたマンション管理員から
教えてもらう事が多々ありました。

つまり、私の仕事は最初から、
「わかならい事だらけ」
だったのです。

今から思うと、それで良かったように思います。
親戚の方からのアドバイスも、否応なしに

実践するしか方法はなかったからです。


お陰様で、自分のペースを少しずつ受け容れながら、
「わかならい」から「わかる」というプロセスを

体験できたと思います。

『黎明』に、それに関連する事でこんな内容の行が

ありましたので、掲載します。

これはあらゆる状況の判断に際して
共通していることですが、情報はそれが書物であれ、
人の意見であれ、
あるいはインスピレーションのような形を取って
心に生じたものにしても、決してそのまま鵜呑みにせず、
それまでに得たあらゆる知識や直感を総動員して、
自分の内側、つまり宇宙とつながっている心の深奥から
識別することが非常に大切です。

そして、もし自分で確かめることができないものであれば、
「その問題については判らない」ということを明確にすべきです。

単なる好みで、確かめていないことを
自分の考えにしたり、安易に受け売りをして、
人に伝えたりした場合には、
後でそれなりの責任を取らなければならなくなることを
覚悟して下さい。
[新版 黎明 上巻 葦原瑞穂(著 ) P98 L9~16 太陽出版]
[文中の下線の編集箇所は田中]

もし、私が仕事を通じて、
「わからない」のに

「わかったつもり」「知ったかぶり」

をしていたら、おそらく今の仕事は続ける事が

できなかったと思います。


なぜなら、マンションは限られた狭い

コミュニティーです。

マンション管理員にとって最も大切なのは、
居住者の方々との信頼関係です。

突き詰めて言えば、正しい情報提供と

その共有化が必須です。


1つの出来事が「わからない」のに、
「わかったつもり」「知ったかぶり」は、
それを取りつくろうとして、さらなる

「わかったつもり」「知ったかぶり」を

生み出します。

その情報が居住者の方々へ

伝言ゲームのように伝わったら、

どうなると思いますか?

マンション管理員への信頼が失墜するのは、

火を見るより明らかです。


それを回避するのであるならば、
現状のあらゆる手段を講じても「わからない事」は、

そのまま保留にする事が重要になります。


そして、本の文中にある"自分の内側​​"ですが、
難しく考えなくていいです。
意外にも、だれの心の中にもともと在り、
"在る事"に気づくか、気づかないかの

違いだけなのです。


気づくコツは、ズバリ言うと、

"客観(第3)視点の継続"、です。


"継続は力なり"という格言は、
まさに真実を語っているのです。

私もこの心の学びを始めた頃、
成果をすぐに出そうと

懸命になっていました。


年齢を考えたら、理解の遅さに焦りや憤りを感じて、

自分を押さえ込んだり、責めたりを繰り返してました。


そんなネガティブと思われる経験の繰り返しでも、
少しづつ継続する事が心や意識の成長に

つながっていくのです。


この事は、私に限らず、あなたや他のどなたでも、
あてはまり、同じようにできると思います。

そして、もし継続という流れに乗ったら、

仕事が忙しいので時間がないとか、
今は本気でやりたい事がないとか、
家族や他人の視線や評価が気になるとか、
健康やお金の事が気がかりでやりたくないとか、
迷いや不安、悩みや恐れがあり一歩が踏み出せないとか、

という自分の価値観や固定観念で作り上げた条件が、
少しずつ自分を縛っていた氷のように解けていき、
その代わりに、本当に求めていた望みが
明確になるように思います。


ここまで読んで頂きありがとうございました。

ご興味、ご関心を持たれましたら、感想のコメントを一言でも頂けたら嬉しいです。


仕事の人間関係を通して得たものを集大成としてまとめた

「人間関係を改善したい方のためのヒント”ここに在り”」(A4・6ページ)、

私の病気の経験からたどりついた、健康管理のノウハウをまとめた

「究極の健康管理のヒント"ここに在り"」(A4・5ページ)という、

読者の皆様にお役に立てそうな、どこにも掲載されたことのない、

2つのタイトルのオリジナル資料を初めて作成しました。


以上のような私の経験則を主体とする内容の資料で、ご参考になるかどうかわかりませんが、

ご興味、ご関心があり、メルマガ登録のお手続きを頂けたら、とても嬉しく思います。

自分勝手で厚かましいお願いかと思いますが、何卒ご検討の程、よろしくお願い致します。


メルマガ登録(無料)を頂けましたら、ささやかな御礼ではありますが、

この2種類の資料を無償でご提供させて頂きます。

(なお、初めてカウンセリング等のサービスを お申し込みされた方については、 

 お手続きが完了次第、 これらの資料をメールにて添付させて頂きます。)


ご希望の方は、下記のボタンを押してメルマガ登録フォームより、ご登録(無料)のお手続きをお願い致します。

ご登録確認後、近日中に資料をメールにて添付致します。それまで少しだけお待ち頂きます様、よろしくお願い致します。

なお、メルマガ解除は、いつでもできますので、お気軽にご登録下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000