「観える化」は物事の本質を見抜く真理の視点、そして正しい識別への入口

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、苦しみを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 自分に合った企業へ転職したいのに、なぜかさらに厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

時期、「見える化」という言葉が流行し、
本や社員研修などでも見かけました。

現象面においては
「見える化」が有効だと思います。
しかし、心や霊的世界においては

「観える化」というのが、

個人的には適していると感じます。

人間の情報量のほぼ90%の近くが、
"目"から入ってくると言われています。

あくまでも個人的な捉え方ですが、
量より質ぐらいまで「見える化」のレベルで、
さらにその奥の本質が「観える化」のレベルと
考えています。

私も昔から"物事の本質を見抜く力"という

フレーズをよく見かけましたが、

どうしても実感として掴めませんでした。


「物事、出来事のその奥を観ろ!」

と指導者の方などに言われても、

正直、ピンと来なかったという事です。

まずは物事、出来事から目を離さず集中して、

しっかり見る、ここまでは「見える化」です。


物事、出来事自体は、言わば結果を現しています。

原因と結果の法則という、

自然法則を当てはめれば、

狂いなく生じているわけですから、
必ず何らかの意味やメッセージが在る

とも言えます。


そのような検証していく視点で、

少しずつ意識を向けていき、

キッカケやヒントを見つけ出し、

気づきや腑に落とす事が、

言い換えれば「観える化」なのです。

この「観える化」が深化する事により、
今までの価値観や固定観念で

囚われていた基準が変容し、

正しい識別が可能な領域に入ります。

その対象は
「自分にとって本当に必要なモノなのか、

 どうか?」

という事を自ら選択し責任は自分で持つ

という事になります。


"自ら選択し責任は自分で持つ"とは、
"自分で蒔いた種は、自分で刈り取る"

という格言でもあります。


さあ、あなたは「見える化」と「観える化」の

どちらを選択しますか?


自然法則には、個人の自由意志も在りますので、
どちらを選択してもOKです。

ただし、近年、地球上では異常気象や地震や災害が
頻繁に発生し、世界情勢が急速に変化しているのを
決して他人事ではなく、肌で感じられるような

自分事として捉えたらわかると思いますが、

選択できる時間に猶予はありません。



0コメント

  • 1000 / 1000