死んだらお墓って必要なのでしょうか?

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、苦しみを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 自分に合った企業へ転職したいのに、なぜかさらに厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

前回の記事に書きました、
千の風になっての歌詞の1、2番の冒頭の部分に、
実は、個人的に違和感を感じている側面があります。

ひねくれた考えかもしれませんが、
つまり、"私は、お墓にいない"のならば、
最初から、お墓を建てなければよかったのでは、
と思われませんか?

この歌詞の部分がキッカケで、

「けっして、他人事ではない記事だな。」

と心の中でつぶやきました。

そして、ふたりのどちらかか急に倒れた時、
救命措置を取らない、と決めています。
この救命措置は、初期に救急車を呼ぶか呼ばないかの
判断が非常に難しく、実際は高度な決断を

迫られる事になると思いますが・・・


さらに、亡くなった時は、

臓器提供もお互いに了承してます。


課題として残っているのは、

お墓を建てないと決めたものの、

課題は娘や兄弟、親族などが、

お参りする場所がない、

"それでいいのか"、という事です。

この課題については、
いずれ娘とじっくり話をしていかなくては、
と考えています。

前回の記事の中でも、

"人生の幕引き"という言葉を使いましたが、

しっかりと腰を据えて向き合う時期を

迎えたように思います。



仕事の人間関係を通して得たものを集大成としてまとめた

「人間関係を改善したい方のためのヒント”ここに在り”」(A4・6ページ)、

私の病気の経験からたどりついた、健康管理のノウハウをまとめた

「究極の健康管理のヒント"ここに在り"」(A4・5ページ)という、

読者の皆様にお役に立てそうな、どこにも掲載されたことのない、

2つのタイトルのオリジナル資料を初めて作成しました。


メルマガ登録(無料)を頂けましたら、ささやかな御礼ではありますが、

この2種類の資料を無償でご提供させて頂きます。

(なお、初めてカウンセリング等のサービスを お申し込みされた方については、 

 お手続きが完了次第、 これらの資料をメールにて添付させて頂きます。)


ご希望の方は、下記のボタンを押してメルマガ登録フォームより、ご登録(無料)のお手続きをお願い致します。

ご登録確認後、近日中に資料をメールにて添付致します。それまで少しだけお待ち頂きます様、よろしくお願い致します。

なお、メルマガ解除は、いつでもできますので、お気軽にご登録下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000