涙もろい性質の変遷は感受性のバロメーター

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、迷いを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 ホワイト企業に転職したいのに、なぜかより環境の厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

今回は自分で言うのも恥ずかしいのですが、
私の"涙もろい性質"について書きます。

私の心の中で、
「若い時は、こんな事はなかった。」
と言いながら、
「近年は、年齢を重ねたからだ。」
とつけ加えていました。

おそらく、しょうもない言い訳くさい話になるか、
と思います。おつき合い下さい。

"涙もろい性質"と気づき始めたのは、
10年程前から、妻と一緒に韓国ドラマのビデオ鑑賞を始め、

あるドラマのラストシーンで感動して感極まり、

泣き出して涙が止まらなくなりました。

それ以降も、感動シーンを見るたびに、同じようになり、
ついに、妻から迷惑だと嫌がられ、一緒に見るのを
止めてしまいました。

それで事が済んだと思ったのですが、

違ってました。

新聞を読んで、感動する記事を読んだら、


娘が大学時代所属していた

合唱団の定期演奏会を鑑賞したら、


犬に関して、感動するドラマや本を見たら、

例えば、下記のような子供の絵本でも読んだら、

「ずーっと ずっと だいすきだよ」
 ハンス ウィルヘルム (著)、 久山 太市 (翻訳)
エルフィーとぼくは、いっしょに大きくなった。
年月がたって、ぼくの背がのびる一方で、
愛するエルフィーはふとって動作もにぶくなっていった。
ある朝、目がさめると、エルフィーが死んでいた。
深い悲しみにくれながらも、
ぼくには、ひとつ、なぐさめが、あった。それは…
[内容(「BOOK」データベースより)]

「だいじょうぶだよ、ゾウさん 」
 ローレンス ブルギニョン (著)、柳田/邦男 (翻訳)

おさないネズミと年老いたゾウは、
まいにちなかよくくらしていました。
けれども、ある日、ゾウは「もうすぐ遠いゾウの国にいって、
もうもどらない」とネズミにつげます。
さいしょは、それをうけいれられなかったネズミでしたが、
いくつもの季節がめぐるなか、
弱ってきたゾウの世話をいっしょうけんめいするうちに…。
[内容(「BOOK」データベースより)]

必ずと言っていい程、涙を流して泣きます。
さらに感極まると、"号泣"となります。

こんな自覚があるから言えるのですが、
"感受性"が変化してきたのでは、
と思うのです。

心の学びとも、どこかに関連性があるように思います。

私が思うに必要があったから、
このような変化を味わっているわけですから、
私の特性とも言えるので、心の動きとともに、
検証を積み重ねたい、と思っています。

ご意見を参考にしようと思い、

10年間お世話になっている、

H精神科医院のH先生に通院時にお尋ねしても、
ハッキリとした、ご回答は頂けませんでした。

しかし、H先生から、ひと言だけ、

「感性を養うには年齢は関係ない。」

と言われたのが、少し自信が持てました。


ここまで読んで頂きありがとうございました。

ご興味、ご関心を持たれましたら、感想のコメントを一言でも頂けたら嬉しいです。


仕事の人間関係を通して得たものを集大成としてまとめた

「人間関係を改善したい方のためのヒント”ここに在り”」(A4・6ページ)、

私の病気の経験からたどりついた、健康管理のノウハウをまとめた

「究極の健康管理のヒント"ここに在り"」(A4・5ページ)という、

読者の皆様にお役に立てそうな、どこにも掲載されたことのない、

2つのタイトルのオリジナル資料を初めて作成しました。


以上のような私の経験則を主体とする内容の資料で、ご参考になるかどうかわかりませんが、

ご興味、ご関心があり、メルマガ登録のお手続きを頂けたら、とても嬉しく思います。

自分勝手で厚かましいお願いかと思いますが、何卒ご検討の程、よろしくお願い致します。


メルマガ登録(無料)を頂けましたら、ささやかな御礼ではありますが、

この2種類の資料を無償でご提供させて頂きます。

(なお、初めてカウンセリング等のサービスを お申し込みされた方については、 

 お手続きが完了次第、 これらの資料をメールにて添付させて頂きます。)


ご希望の方は、下記のボタンを押してメルマガ登録フォームより、ご登録(無料)のお手続きをお願い致します。

ご登録確認後、近日中に資料をメールにて添付致します。それまで少しだけお待ち頂きます様、よろしくお願い致します。

なお、メルマガ解除は、いつでもできますので、お気軽にご登録下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000