あいさつ&笑顔は接客の基本、そこから築く調和のコミュニケーション

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、苦しみを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 自分に合った企業へ転職したいのに、なぜかさらに厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

マンション管理員という仕事は、
サービス業の側面もあり、接客、
つまり、居住者の方とのコミュニケーションが

重要となります。


私の勤務しているマンションは、
当初は新築マンションでしたので、
私も居住者の方もお互いに

初対面からのスタートでした。


そのお陰で、じっくりと時間をかけ、

試行錯誤しながら、おつき合いの形が少しずつ、

確実に積み上げていけました。


十人十色の言葉の通り、

当然、おひとりおひとり違います。


しかも、何十人もの人数の方が居られ、
お子さんが誕生したり、
転居されたり、新しい方が入居されたりと、
出入りがあります。

サラリーマン時代の営業マンをしていた頃、
取引先との接客対応はしておりましたが、
仕事を通してだけだったので、

人間関係は限定されてたように思います。

今のマンション管理員の業務では、

居住者の方とは生活と直結している接客となるので、
居住者間の人間関係、情報の共有化や

メンタル面などを考慮した上で、

臨機応変な応対が求められます。


やはり、人間関係の基本中の基本ですが、
"あいさつ"が最も大事です。

居住者の方のみならず、来客や部外者の方にも、
当然、"あいさつ"するよう心がけています。

"あいさつ"は、人間関係において"調和の場をつくる"、
最も大切な行為だと思います。

さらに、"笑顔"が加われば、俄然パワーアップとなります。

どうやら、それが"安心感"、"安堵感"という
メッセージを発信している事に、
最近、ようやく気づきました。

私も、つい慣れから慢心になりがちですが、
初心を忘れず、日々心がけていきたいと思っています。


0コメント

  • 1000 / 1000