むかつきを笑いのエネルギーに転換したら、そのパワーを身を持って体験する

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、苦しみを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 自分に合った企業へ転職したいのに、なぜかさらに厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

先日、夜になって自分でも

思いもよらぬことが起こりました。


妻は友人とランチをすると言って、

私とは別行動で既に外出しておりました。


彼女の帰宅は事前に連絡もなく午後7時近くになり、
私は夕飯の支度をほぼ終えておりました。
食事の支度を押しつけられたような感じでいたため、
少々むかつき気味でした。


妻が機嫌よく帰宅した時、
私は嫌味のひと言を言うつもりでした。

しかし、楽しい時間を過ごした余韻の残る、

妻の笑顔を観た瞬間、

電灯の明かりが灯されたように、
心の中が、ぱっと明るく急激に変化している

と気づきました。


そして、妻から声をかけられた途端に、
どういうわけか、私は返答しながら、
突然、笑い出しました。

笑いは止まらなくなり、
最後の方は涙を流しておりました。

(おそらく20秒近く)

その時、私の意志では止めることができませんでした。


妻から「もう、お酒飲んで酔っぱらったん?」と

言われましたが、私は、全くの素面でした。

笑いが收まってから、しばらくの間、
私は呆気にとられておりました。

こんな体験は、50年以上の人生で

初めての出来事でした。

実に不思議な体験でした。

笑っている最中、意識はしっかりあり、
"頭が狂ったり、おかしくなったのではない"、
という認識はありました。

楽しい時間を過ごした余韻の残る、

妻の笑顔を観た瞬間

そこに無意識に近い感じで、

意識の焦点が合った事で、

私の心の中に化学反応のような、

意識変容が起こったように思います。


人間の意識とは、有形、無形問わず、

創造性を生み出す、

すごいパワーを持っています。


私達が意識を向けた所に、

エネルギーが注がれるという、

"エネルギーの法則"

聞いたことがあります。


エネルギー自体には、
善悪、ポジティブとネガティブといった

色分けや区別はなく、

使う人間の主体性、思考、願望などで

方向づけが可能です。


つまり、私が当初持っていた

むかつきのエネルギーと

その後で笑いが止まらなくなったエネルギーとは
本質的には同じエネルギーという事なのです。

私達人間の心がけや意識の持っていき方ひとつで、
ポジティブにもネガティブにも、
方向性が定められる事のようです。


0コメント

  • 1000 / 1000