自分を責めたり、卑下したり、抑圧しがちな方への対処法"ここに在り"

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、苦しみを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 自分に合った企業へ転職したいのに、なぜかさらに厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

あなたは、自分を責めたり、卑下したり、

抑圧したりする事への対処法を何か知っていて、

それを実践していますか?


心の学びをしているといいながら、
恥ずかしながら、私でも気持ち動揺し、

混乱する事はあります。


前回の記事
「周囲の状況変化により、

 長年の仕事の慣れに隠れていた慢心に気づく」が

まさに、それを象徴した内容と言えます。

もし、あの状況の中にあって、
自分を責めたり、卑下したり、抑圧したりしたか?
とか聞かれたら、

その答えは「NO」とハッキリと言えます。

理由は簡単です。
「心が動揺し、混乱している」、

そうなっている自分自身の状況に

気づいていました。

"自分の心が動揺し、混乱している状況"を
"舞台で演じているのを客席に座って観ている、
もう1人の自分がいる"、

と例えたら、わかりやすいでしょうか。

私が心掛けている2つのメソッド(手法)です。

1つ目は"もったいない"メソッドです。

自分を責めたり、卑下したり、抑圧したりと
少しでも気づき、思い始めたら、

"そんな事に費やす時間が、もったいない"

と実際に言葉に出しても、心の中で言っても
構いません。

"大事なのはその時の心構え、気持ちです"。

簡単に言えば、
"もったいない(想い)をしっかりと宣言する(言い切る)"
事が重要なのです。

2つ目は、"大丈夫"メソッドです。

自分を責めたり、卑下したり、抑圧したりの心境を
"自分自身がすべて肯定、即ち認めてあげる"のです。

そして、自分に言い聞かすように、

「こんな事もたまにはあるよ。
 大丈夫だから、気にしないで。」

と、心の中でつぶやくようにすると、
少しずつ気が晴れてきます。

そんなメソッド、
面倒くさい、要領がよくわからない、とか
気が重くてそんな余裕がない、などと

言われる方には、超簡単でお勧めの方法があります。


・深呼吸を数回する

・空を見る


以上です。



0コメント

  • 1000 / 1000