もし、相手に言えなかった本音をメールで書くとしたら

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、迷いを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 ホワイト企業に転職したいのに、なぜかより環境の厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

先日、電話で親戚の方と会話の中で、こんな内容の事を
言われていました。

「年を重ねて来て、『因果応報』という言葉の意味が

周りで起こる状況を見て、よ〜く身にしみて
わかるようになりました。
だから、これからはできるだけ人様に迷惑かけないよう、
おとなしく、静かに余生を過ごしたいと思ってます。」


私は最初から違和感を感じましたが、
その時は、あまり言及はしませんでした。


もし何かのキッカケで、私の考えを求められたら、
下記のような表現ができればと思い、
お粗末ですがメールの形式でまとめてみました。

この内容は、

前回の"鏡の法則 4段階にわたった連続変化のプロセスの体験"の

内容とは違った角度から書きましたが、本質的には同じです。

…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

◯◯様

先日は、〇〇の件でわざわざお電話頂きまして、
ありがとうございました。

その後、お電話で話されていた「因果応報」について
私の話を詳しく聞きたいという事を耳にしましたので、
私自身が話を整理したい事もあり、不躾ながら
このようなメールにて、説明させて頂きます。

あの時のお電話で、あなたは自分の行なった事で後になって
罰があたる、そんな意味合いで言われていたように私には
感じられました。

世間一般的な解釈では、あなたと同じように悪い方の意味で
使われている事が多いように思います。
実際、身の回りでも同じような傾向を見かけます。

辞書の解釈では、前世あるいは過去の善悪の行為が因となり、
その報いとして現在に善悪の結果がもたらされること。
(デジタル大辞泉より引用)と説明があります。
元は仏教用語なので、前世という普段使わない語句が
出てきます。


踏み込んだ言い方をすれば、「因」つまり原因となる
自分行為の善悪に関わらず、自然法則により結果は
必ず自分に返ってくるという事です。

言い換えれば「自分で蒔いた種は自分で刈り取る」という事で
決して逃れる事はできないとも言えます。


年を重ねての過去の経験から、感じられるようになった事柄も
あるかと思います。

昔と比べて新聞やテレビ、ニュースなどで、
大地震や台風などの自然災害、世界を騒がすテロや
凶悪犯罪、事件、また有名大企業による不正、隠蔽が発覚、
暴露されるなど、一見して悪いと思われる出来事が、
頻繁に目つくようになってきた事にお気づきだと思います。

見方によっては、「果」つまり結果の状況が多発し、
比較的早いサイクル、期間で現れるようになった、
あるいは感じられるようになった、
というようにも受け取れます。

人間には常に考える習性があるので、どうしても結果を見て、
原因を突き止めよう、探し出そうという思考が働きます。

仮に原因が見つけられ判断したら、逃れようとしたり、
排除しようとしたり、抑え込んだり、無視したりする事で
とりあえず、安心だと思ってしまいがちです。

裏を返せば、その対象は、人間関係や健康、お金などで、
不安、悩み、苦しみ、迷い、恐怖などを抑えつけたり、
回避しようとする気持ちや行動の表われとも言えます。
(私も最近までそうでした。)

それは、原因と結果を過去の経験や本や人、インターネット
など外部から示されたり、教えられた知識、記憶といった
個人の頭の中で築き、作られた情報を従来自分の価値観と
結びつける1つの思考、パターンかもしれません。

しかし、私は原因の出所が、ちょっと厄介だとこの頃
認識しております。

今生、つまり自分がこの世に生まれてから現在までの期間だけ
ではなく、前出の辞書の説明にあった前世、
つまり自分が生まれる前の過去まで遡る可能性も
あるという事です。

さらに個人だけでなく、家族単位、会社単位、国単位とか、
頭が無茶苦茶混乱するくらい、複雑に絡み合っているので、
考えれば、考える程、労力と時間の無駄だと思いました。

したがって、"これが原因だ"と決めつけ固定してしまうと、
人間の限られた考えや視点で物事を捉えたら、
実は別の原因がまだ他にあったにも可能性があり、
それを見落としていた、という状況になりかねない
と思うのです。

このように「因果応報」とは、非常に奥深い四字熟語と
解釈しております。

だから、原因を追い求めたり、それに囚われず、
まず目の前に起きた結果について、私に何かを知らせたり、
また教えようとしているのではないかと発想を転換した方が
楽だと気づきました。

その時わかろうが、またわからなかったとしても、
自分にできるだけの問いかけをしていこう
と思い始めました。

その考え方で捉えた方が、無理なく、今の私にとって
とても自然に感じられ、仕事を含め、周りの出来事が
以前と比べてスムーズに運んでいるように感じられます。

今でも自分で信じ難く、まさかと思ったのですが、
もしかしたら、本屋で平積みして売れているマニュアル本を
地でやっているような感覚さえあります。

あなたの性格上、白黒ハッキリせず、漠然とした対応で
性に合わないと言われるかもしれません。

実は年齢や能力など関係なく、時間的な個人差はありますが、
この効果はテキメンで、本人しか理解できない事が、
超ミソです。


例えて言えば、頭の中に浮んだ、ひらめきのようなもので、
家事をしている時とか、お風呂の湯船に浸かっている時とか、
何気ない日常生活の中で、注意深く丁寧に観ていくと
ふと気づきやヒントが多々見つかります。

言い換えると"点と点が線でつながる""腑に落ちる"
"昔の懐かしい記憶を思い出す"そんな感覚でしょうか。

ただし、その内容については、自分にとって都合の良い
ものとは限りませんりで、受け留め方には注意が必要です。

日々の小さな積み重ねですが、いつの間にか、
自分で自分の心に火をつけ、自分の本来のあり方、姿を
見つけたいという意識が自然に芽生えてくるように
私なりに感じております。

つまり、「因果応報」の受け留め方の結論として、
良い悪いなどの価値基準で判断する必要はないと思います。

目の前の状況(結果)から、新たな何かを気づき、
学べるというワクワク感とも言える、一種の期待感を
持ち続けられたら、今まで人生と違った方向性や角度が
観えて来る可能性があるように思います。

焦らず、自分のペースでゆっくりでいいですから、
切り換えて行くと、迷い、悩み、苦しみから
少しずつ開放され、楽しみながら人生を過ごせる
方向に少しずつ向かうように思っております。

あなたの思い、考えをしっかり確認もせず、
少しでも何かの参考になれば、とお節介と知りつつ、
私の考えを思いのまま、一方的に述べてしまいました。

では、またお会いできた時に、このお話の続きを
楽しみにしております。

それまで、お元気で

田中 俊一

…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

いつものブロクとは異なるメールで、

ご本人へ私の想いを伝える、そんな想定で書いてみました。

相手の方のイメージが強くあったからこそ、

このような内容の文章が書けたように思います。


改めて、相手の方をひたすら想えばこそ、

1つ1つの言葉が思い浮かび、それが連なったのが、

この文章になったと思います。


このメールを書いた本当の意味は、普段はご本人を前にしては

どうしても言えなかった、私の本音の思いをありのまま書き出せた事

だったように思います。



ここまで読んで頂きありがとうございました。

ご興味、ご関心を持たれましたら、感想のコメントを一言でも頂けたら嬉しいです。


仕事の人間関係を通して得たものを集大成としてまとめた

「人間関係を改善したい方のためのヒント”ここに在り”」(A4・6ページ)、

私の病気の経験からたどりついた、健康管理のノウハウをまとめた

「究極の健康管理のヒント"ここに在り"」(A4・5ページ)という、

読者の皆様にお役に立てそうな、どこにも掲載されたことのない、

2つのタイトルのオリジナル資料を初めて作成しました。


以上のような私の経験則を主体とする内容の資料で、ご参考になるかどうかわかりませんが、

ご興味、ご関心があり、メルマガ登録のお手続きを頂けたら、とても嬉しく思います。

自分勝手で厚かましいお願いかと思いますが、何卒ご検討の程、よろしくお願い致します。


メルマガ登録(無料)を頂けましたら、ささやかな御礼ではありますが、

この2種類の資料を無償でご提供させて頂きます。

(なお、初めてカウンセリング等のサービスを お申し込みされた方については、 

 お手続きが完了次第、 これらの資料をメールにて添付させて頂きます。)


ご希望の方は、下記のボタンを押してメルマガ登録フォームより、ご登録(無料)のお手続きをお願い致します。

ご登録確認後、近日中に資料をメールにて添付致します。それまで少しだけお待ち頂きます様、よろしくお願い致します。

なお、メルマガ解除は、いつでもできますので、お気軽にご登録下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000