『鏡の法則』4段階にわたった連続変化のプロセスの体験

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、迷いを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 ホワイト企業に転職したいのに、なぜかより環境の厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

あなたは、「鏡の法則」という言葉を聞いた事がありますか?
目の前にいる人は、自分の心や精神を映す鏡の存在である、
という意味です。

ほぼ同じ意味で「作用・反作用の法則」、
「原因と結果の法則」、「因果応報」という言葉も
一般に使われています。

以前、私は、それを面白いケースで体験しましたので、
今回記事にしてみました。

ちょっと複雑な内容なため、
表現上もしかしたら難しいと感じられ、
混乱されるかも知れませんが、
できましたら、おつき合い願います。

仕事上の事なので、ブログに書くのもどうか
と思いかけましたが、支障が出ないと判断し書かせてもらいます。


もし何かがあったとしても「因果応報」、

つまり「自分で蒔いた種は自分で刈り取る」の覚悟はできています。

今の私には、迷いはありません。

事の発端は、勤務先のマンションの 管理組合の役員の方(これよりAさん) 

からのご提案が実現化し公示されました。 

 その公示に関して、反対される居住者の方もいました。 


一方、私も仕事に対するチエックが 厳しくなり、それを負担に思い、 

懸念を持ったのが事の始まりでした。  

その懸念は、時間とともに表面化し、私の口から、 愚痴となって出てきました。 

話した相手は、その公示に対して反対の意見を持つ

 マンション内の他の居住者の方々、4人でした。 


1人目の方とは公示に対して、私の方から愚痴を言った時、

 私の気持ちを同情的に受け留めて頂いた途端、 

感情や思いをぶちまけてしまいました。 

私の事を理解してくれたようで、キッキリした気分になりました。  


2人目の方には、1人目と同様に私の方から感情や思いを ぶつけましたが、

逆に建設的な意見を出され、 その意見は私も同調できましたので、 

取りあえず、一旦受け入れる事にしました。  


3人目の方には、1人目方と同様に私の方から 愚痴を言った時、

私の気持ちを同情的に受け留めて 頂いたのですが、

2人目の方の建設的な意見を 受け入れた事で、私の心に変化が生じました。 

私から感情や思いを伝えながらも、 Aさんの考え方も念頭に置き、 

Aさんを擁護するようなポジティブな言葉で返答しました。 


そして4人目の方に会った時には、私が愚痴を言う前に、 

Aさんに対するネガティブな感情を私に向けられました。 

 

私は、その瞬間切り返すように、 3人目の方へ返答した時以上に

ポジティブな言葉で 強い気持ちを込めて、Aさんを擁護していました。

 幸いにも、Aさんと私が愚痴話をした4人の方とは、 

面識がほとんどなかったため、ドラブルに発展はしませんでした。


 私がこのような言動をとった原因は、 私自身が孤独な状況だったため、

 居住者の方に助けてもらいたい、 味方になって欲しいという想いからでした。  

しかし、そんな私の心境だったから、居住者の方と接する事で、 

その時の自分の気持ちと向き合えたという事です。

 

つまり、居住者の方の心の中に、鏡のように私の心を映し出し、 

人が変わるごとに自分の心が変化し、そのプロセスを感じとった

 一連の出来事だったように思います。


 これは、当事者である私しか理解できない体験ですが、

 居住者の方との信頼関係、私自身がその変化の状況に 気づかなければ、

わからなかった事だと思います。  


例えて言えば、ギヤ付の自転車に乗り、 長い坂道を状況に合わせて、 

その都度、ギアを1段ずつ上げながら、 目的地に登りつめた、

という感じでしょうか。 

 

今回、一連の心の学びを通して、 

他者は自分の意識成長の鏡(バロメーター) である事を

身を持って識った貴重な体験でした。


ここまで読んで頂きありがとうございました。

ご興味、ご関心を持たれましたら、感想のコメントを一言でも頂けたら嬉しいです。


仕事の人間関係を通して得たものを集大成としてまとめた

「人間関係を改善したい方のためのヒント”ここに在り”」(A4・6ページ)、

私の病気の経験からたどりついた、健康管理のノウハウをまとめた

「究極の健康管理のヒント"ここに在り"」(A4・5ページ)という、

読者の皆様にお役に立てそうな、どこにも掲載されたことのない、

2つのタイトルのオリジナル資料を初めて作成しました。


以上のような私の経験則を主体とする内容の資料で、ご参考になるかどうかわかりませんが、

ご興味、ご関心があり、メルマガ登録のお手続きを頂けたら、とても嬉しく思います。

自分勝手で厚かましいお願いかと思いますが、何卒ご検討の程、よろしくお願い致します。


メルマガ登録(無料)を頂けましたら、ささやかな御礼ではありますが、

この2種類の資料を無償でご提供させて頂きます。

(なお、初めてカウンセリング等のサービスを お申し込みされた方については、 

 お手続きが完了次第、 これらの資料をメールにて添付させて頂きます。)


ご希望の方は、下記のボタンを押してメルマガ登録フォームより、ご登録(無料)のお手続きをお願い致します。

ご登録確認後、近日中に資料をメールにて添付致します。それまで少しだけお待ち頂きます様、よろしくお願い致します。

なお、メルマガ解除は、いつでもできますので、お気軽にご登録下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000