心の学びを通して、最高の協力者は誰?

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、迷いを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 ホワイト企業に転職したいのに、なぜかより環境の厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

前回のお話の中で、心の学びの成果について、
夫婦ゲンカも回数も激減と書きましたが、
最近になって、ようやく私の妻が最高の協力者であったと
認識できました。

私の過去は、ここまで読んで頂いた方は、
ご存知のように、あれだけの転職を繰り返しました。

嫌味を言われたり、冷たくされた上司や同僚、
足元を見て言う後輩などに対して、
ネガティブな考えだけの状況に囚われていました。

それを方向転換して、すべての人が、私の心の成長を
手助けした"協力者"だった、という視点に立てば
スッキリします。
「おまえ、何を言っている!バカか!」って言われそう・・・
だって、あんなに私を苦しめ、蔑んできた多くの人達ですから、
「よくも"協力者"なんて、言えるなあ!」と、
そんな声が聞こえても、おかしくはないと思います。

私もそれに近い、拒否反応がありました。
だから、この事を受け入れようとするのは、
正直ちょっと手こずりました。

でも、身近な家族が実は他人以上に"手強い協力者"で、
特に私の場合、妻が
"最強の協力者であり、最強のトレーナー"でしたので、
心を鍛えて直してもらい、大いに助かりました。

この事に関しては本人は、おそらく気づいていないと思います。

27年にも及ぶ結婚生活の中で、お互いの性質、性格、クセは
知っており、ある程度までの共通認識はあります。

もともとは他人ですので、一方では当然の事ながら
価値観、感性、考え方の違いもあります。

その上、お互いの間に、身内ゆえの情の深さが
しっかりと存在し、決断力を鈍らせたり、
要求を満たすエゴが働き、迷いを生じる事もあります。

まあ、簡単に言えば、わがままを聞き、
その要求に答えて行かなければならない時も
あるという事です。

わかった上で、受け入れて起こす行動と、
わからず、もちろん受け入れずに起こす行動は、
自ずとその結果は異なってきます。

以前お世話になったOグループのK先生から、
人の話を聞いたりする時の理解度の深さ(目安の表現として)

知る→理解する(わかる)→受け入(容)れるの段階がある、
という話を聴いた事があります。

このブログでも、何度も書いてきた"受け入れる"が
できるようなったのが、心の学びを家庭という実践の場で、
妻との会話や行動を通して、身体に染みこますように
得られた成果だと思います。

私の場合、たまたまなのか、恵まれたのか、
自分でもわかりませんが、友達も少なく、
仕事先での人間関係も限定されています。

唯一心から真剣に向き合える身近な存在が、
妻だったという事です。
身内だからこそ、集中でき、心を開いてなんでも話せる
環境が与えられていたのです。

家庭で得られた貴重な心の学びは、人間の心の本質に基づく
普遍的な学びなので、仕事先や他人との人間関係にも
活かせると今なら確信できます。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

ご興味、ご関心を持たれましたら、感想のコメントを一言でも頂けたら嬉しいです。


仕事の人間関係を通して得たものを集大成としてまとめた

「人間関係を改善したい方のためのヒント”ここに在り”」(A4・6ページ)、

私の病気の経験からたどりついた、健康管理のノウハウをまとめた

「究極の健康管理のヒント"ここに在り"」(A4・5ページ)という、

読者の皆様にお役に立てそうな、どこにも掲載されたことのない、

2つのタイトルのオリジナル資料を初めて作成しました。


以上のような私の経験則を主体とする内容の資料で、ご参考になるかどうかわかりませんが、

ご興味、ご関心があり、メルマガ登録のお手続きを頂けたら、とても嬉しく思います。

自分勝手で厚かましいお願いかと思いますが、何卒ご検討の程、よろしくお願い致します。


メルマガ登録(無料)を頂けましたら、ささやかな御礼ではありますが、

この2種類の資料を無償でご提供させて頂きます。

(なお、初めてカウンセリング等のサービスを お申し込みされた方については、 

 お手続きが完了次第、 これらの資料をメールにて添付させて頂きます。)


ご希望の方は、下記のボタンを押してメルマガ登録フォームより、ご登録(無料)のお手続きをお願い致します。

ご登録確認後、近日中に資料をメールにて添付致します。それまで少しだけお待ち頂きます様、よろしくお願い致します。

なお、メルマガ解除は、いつでもできますので、お気軽にご登録下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000