過去にはすべて意味があり、無駄はない 1/4

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、迷いを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 ホワイト企業に転職したいのに、なぜかより環境の厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

急に話が反れますが、あなたは今までの人生で、
自分の命が危険だと感じたり、本当に怖かった状況に
遭遇した事はありませんか?

私の場合、これまでに記憶の範囲では2度ありました。


1度目は、小学校3年生、9才の時でした。

何がキッカケかは忘れましたが、私は同じクラスの
男の子のグループからイジメを受け始めました。

クラスの友達の男の子のズボンのポケットの中に、
火の着いたマッチを入れろ、と脅されたりして、
ドンドンと行動がエスカレートして行きました。

後日、私は耐えられなくなり拒否した時に、
グループのリーダーの子から、
校舎の屋上から飛び降りろ、と言われました。

私はグループに囲まれて校舎4階の屋上まで連行され、
逃げられないまま屋上の柵を超えました。
足元の十数メートルの下を見た途端、足がすくみました。

グループから執拗にヤジが飛ばされ続け、
私は飛び降りる覚悟を決めるしかありませんでした。
その頃、多少の運動神経に自信があったとは言え、
十数メートルの高さです。

子供心では及びのつかない、凄い恐怖でした。
その時、頭によぎったのは、
"なんとかして助かりたい、生きたい"
という執念のような気持ちでした。

そのためには、どうしたらいいかを瞬時に判断し、
服や身体がすりむけてもいいから、
校舎のざらざらしたコンクリート壁に、
こすられながら落ちれば、その抵抗で速度が落ち、
助かる可能性があると思い、行動に移しました。

しかし、数メートル落下したところで、
その体勢は、あっけなく崩れて、
身体が仰向けの状態となり、
隣家のトタンの屋根に背中から落ちました。

トタンの屋根に落ちた瞬間、
その衝撃で身体全体がバウンドして、
もう一度叩きつけられた事を覚えています。

私は一瞬息が止まり、意識を失いましたが、
すぐに意識が戻り、全身の激しい痛みに耐えながら、
トタンの屋根の上で、身体を起こしました。

その時、校舎の屋上にいたグループのある子から
「あいつ、まだ、生きている」
その言葉が今も私の心の底に焼きつています。

私は本当に必死の思いで、教室に戻りましたが、
グループは私を待ち受けて、さらに殴る蹴るの
暴行を受けました。

その時、担任のH先生が教室に入られて、
私は九死に一生を得て助かりました。

このことは小学校を揺るがす大事件となりましたが、
先生方のご尽力で、グループの親同士との話し合いが持たれ、
最後は和解の方向で決着したように記憶してます。


ここまで読んで頂きありがとうございました。

ご興味、ご関心を持たれましたら、感想のコメントを一言でも頂けたら嬉しいです。


仕事の人間関係を通して得たものを集大成としてまとめた

「人間関係を改善したい方のためのヒント”ここに在り”」(A4・6ページ)、

私の病気の経験からたどりついた、健康管理のノウハウをまとめた

「究極の健康管理のヒント"ここに在り"」(A4・5ページ)という、

読者の皆様にお役に立てそうな、どこにも掲載されたことのない、

2つのタイトルのオリジナル資料を初めて作成しました。


以上のような私の経験則を主体とする内容の資料で、ご参考になるかどうかわかりませんが、

ご興味、ご関心があり、メルマガ登録のお手続きを頂けたら、とても嬉しく思います。

自分勝手で厚かましいお願いかと思いますが、何卒ご検討の程、よろしくお願い致します。


メルマガ登録(無料)を頂けましたら、ささやかな御礼ではありますが、

この2種類の資料を無償でご提供させて頂きます。

(なお、初めてカウンセリング等のサービスを お申し込みされた方については、 

 お手続きが完了次第、 これらの資料をメールにて添付させて頂きます。)


ご希望の方は、下記のボタンを押してメルマガ登録フォームより、ご登録(無料)のお手続きをお願い致します。

ご登録確認後、近日中に資料をメールにて添付致します。それまで少しだけお待ち頂きます様、よろしくお願い致します。

なお、メルマガ解除は、いつでもできますので、お気軽にご登録下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000