追いつめられた心、そしてついに無気力状態となる!4/4

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、迷いを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 ホワイト企業に転職したいのに、なぜかより環境の厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

3/4からの続き

ここは先日、NPO法人の担当者から紹介してもらった
大阪府内のH精神科医院の待合室です。

この日は診察が混み合ってたようで、初診に伴う
問診票を書いてから、1時間程待って、
診察室に入りました。

H先生は、私よりかなり年齢は上なのに、エネルギッシュで、
パワフルで、そして眼鏡の奥の両目からは威厳とともに優しさを
感じさせる方でした。

そして、私が、最近のY社での仕事の状況、
家庭での生活状況、今の身体の状態を一通り説明したところ、

H先生は、「伸びきったパンツのゴムと同じやな。」
と言われました。

「でも、やらなければならない仕事が私にはあるんですけど」
と私が言いかけたら、

「あんた、大バカ者だー!」と急に声を荒げ、続けて
「あんたは、うつ病なんやから、このままなら死ぬぞ!」
「診断書を書くから、明日からしばらく会社は休んだ方がいい!」
と怒鳴りながらも、優しさがにじみ出るような感じで話されました。

最後に「次の診察は、奥さんと一緒に必ず来なさい。」
と言われて診察室を後にしました。

そのまま帰宅し妻にも相談しましたが、最終的には
自分で決断するしか道はありませんでした。
そして次の日の朝、足はY社大阪事務所に向きかけましたが、
迷いながらも途中で断念し、このブログの初回の時に書いた、

JR大阪駅に隣接するホテル前で、ついに決断し
仕事用のガラケーを握りしめ、何度も深呼吸しながら、
極度の緊張をほぐし、東京に居る上司のM部長に
電話をかけたのです。

「もしもし、M部長ですか。昨日、医者から、
『あんたは、うつ病なんやから、このままなら死ぬぞ!』
と言われました。すいませんが、明日から会社休みます。」
との突然の休職宣言をしました。

少し横道に反れますが、H先生とのおつき合いと言ったら
失礼ですが、治療は今も続いており、10年の月日が経ちました。

実は後にも先にも、H先生に対して1度だけ不信感を
持った事がありました。

確かY社を休職して、その期間が切れる前だったと思います。
Y社の人事部長が直接、H精神科医院に来られ、
H先生に私の治療について尋ねに来られた事がありました。

後日私が通院治療に来た時、H先生はY社の人事部長と
話された時に、Y社に対して好印象を持ったようで、

H先生は私に
「Y社は、いい会社じゃないか、なんであんないい会社を
辞めようとしているんだ。」
と言われた事がありました。

私はその事を聞いた途端、

「私がどれだけY社に酷いめに会い、
苦しめらた事をご存知じゃないですか!」

と心の中で叫び、H先生が信じられなくなりました。

しかし、この10年の月日が私を変えてくれたのでしょうか?
今、この時の事を思い出すと、あの時、H先生が言った事は
正しいと思える自分に気づきました。

つまり、10年前の私は、自分の立ち位置を見失い、
否定的な感情に流されるままでいたので、
H先生は私の味方だと信じていたのに・・・・・・

実は、この語尾につく"~のに"がやっかいモノでして、
自分に対する言い訳であり、条件付け、つまり相手の方が
自分の都合のいいように思っているハズだ、という固定された
自分の価値観で決めつけている言葉だと、
最近になって、ようやく気がつきました。

客観的にもっと広い視野で観れば、H先生の考え方、価値観が
私とは異なるわけですから、言われた事も正しいという
受け留め方もできたという事です。


ここまで読んで頂きありがとうございました。

ご興味、ご関心を持たれましたら、感想のコメントを一言でも頂けたら嬉しいです。


仕事の人間関係を通して得たものを集大成としてまとめた

「人間関係を改善したい方のためのヒント”ここに在り”」(A4・6ページ)、

私の病気の経験からたどりついた、健康管理のノウハウをまとめた

「究極の健康管理のヒント"ここに在り"」(A4・5ページ)という、

読者の皆様にお役に立てそうな、どこにも掲載されたことのない、

2つのタイトルのオリジナル資料を初めて作成しました。


以上のような私の経験則を主体とする内容の資料で、ご参考になるかどうかわかりませんが、

ご興味、ご関心があり、メルマガ登録のお手続きを頂けたら、とても嬉しく思います。

自分勝手で厚かましいお願いかと思いますが、何卒ご検討の程、よろしくお願い致します。


メルマガ登録(無料)を頂けましたら、ささやかな御礼ではありますが、

この2種類の資料を無償でご提供させて頂きます。

(なお、初めてカウンセリング等のサービスを お申し込みされた方については、 

 お手続きが完了次第、 これらの資料をメールにて添付させて頂きます。)


ご希望の方は、下記のボタンを押してメルマガ登録フォームより、ご登録(無料)のお手続きをお願い致します。

ご登録確認後、近日中に資料をメールにて添付致します。それまで少しだけお待ち頂きます様、よろしくお願い致します。

なお、メルマガ解除は、いつでもできますので、お気軽にご登録下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000