社会人2年目 「見方を変えての気づきと感謝の連続!」

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、苦しみを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 自分に合った企業へ転職したいのに、なぜかさらに厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

前回登場した、2年先輩のD氏の私に対する厳しい指摘、

対応についてですが、ここで一言つけ加えさせて頂きます。


確かに私は精神的な負担がありましたが、
D氏に対して、個人的に恨みや憎しみの感情は持っていません。
それは、その後に起こった数々の状況の変化において、
私が素直な受け止め方ができたからのように思います。

D氏は間もなく結婚し、それを契機にやさしい性格に変わり、

笑顔で会話が多くなり、過去のような近寄りがたい
存在ではなくなりました。

また、私も翌年には、同じフロアですが
隣の営業3課のセールスマンに異動となりました。

このセールスマンとしての苦労が、以前D氏から
注意されていた事柄が身にしみて分かったこと、
そして自らの行動を通じて成長が認識できたことは
彼に対して感謝の気持ちしかありませんでした。


営業3課の異動も、6年先輩のM氏の東京本社転勤に伴うもので、
短期間の引継ぎだけで、いきなり大阪市内の大手百貨店を2件を
担当することになりました。

この部署は、物流センターの研修時代に、お中元の繁忙期に、
応援業務をしたのですが、以前居た営業1課の受注チームとは、
まるっきり異なる業務内容でしたので、戸惑いの期間が長かった
ように思います。

ある意味、振り出しに戻った感じでしたので、仕事を覚えない限り
前に進めない状況でしたので、夜の残業、休日出勤は当然の如く
やりました。

それでも、短期間とはいえ、M氏との引き継ぎは、私にとって
貴重で思い出深い経験でした。独身寮では雲の上のような存在の方で
会話することさえ緊張し、恐縮していました。

後に得意先回りをするようになってから、仕事という別の側面から、
M氏が築いた信用という財産を身を持って知るのですが、それはそれは
善い悪いという私の価値基準を超えて「感謝しかなかった!」のを
覚えております。



0コメント

  • 1000 / 1000