新社会人1年目 「課内教育の両極の間で」

兵庫県川西市&宝塚市のカウンセリング☆メンタルケア&サポートやさしい光 ~転職、人間関係、パニック障害、うつ病、発達障害の悩み、迷いを解消し、幸せを見つけ、リラックスできるヒントを全力でサポート!~

転職を10回して、人間関係、ノルマに苦しみ、悩んだ末、発症した、うつ病&パニック障害、 会社や周囲の人のせいにしたり、自分を責めたりしました。 ホワイト企業に転職したいのに、なぜかより環境の厳しいブラック企業に入ってしまうのです。 私と同じように悩んだり、困っている方へ少しでもお役に立ちたいという真剣な想いから、 心機一転し、新たにカウンセリング・サービスを立ちあげました。

前回の物流センターは身体を動かす、肉体労働でしたが、

新たな配属先のB社大阪支店営業1課での仕事は、
それは内勤の受注業務でした。


営業1課は食品の卸売が業務の主体でした。
その組織は、課長を筆頭に営業チームと受注チームの2つで
構成されており、私の所属するチームは、C係長以下5人のチームで
C係長と私以外の3人は女性社員でした。

前回の倉庫での研修同様、右も左もわからない状況で、その部署に
放り込まれた感覚でした。
受注の仕事ですから、当然得意先からの注文処理が中心です。
当時(1980年代終わり)の注文と言ったら、FAXと電話注文でした。

私にとって、この電話注文が厄介モノでした。
大阪弁には慣れつつありましたが、電話注文を聞く、となると
ちょっと次元が違っていました。

お客さんのイントネーションや癖など千差万別で、
しかも午前中に集中するので、最初の2、3ヶ月間は、
失敗と頭が混乱する日々が続き、しかも仕事の要領が悪かったので、
夜遅くまで残業しておりました。

同じチームの女性社員と肩を並べるまでに、半年近くの

月日を要したように記憶しております。

特に女性社員のリーダー、H先輩には、身重の状況にも関わらず、
色々と迷惑をかけながらも、手取り足取り教えを請いましたので、
今でもありがたい存在だった事を覚えています。

残り2人の女性社員、NさんとKさんは、私と同期入社で、
気心が知れた間柄でしたので、仕事の面では気が楽でした。
特にNさんには、色々と面倒を見てもらいました。

同期仲間の友人を通じて、「彼女」を紹介してもらい、
おつき合いできた事は、今でも印象に残っています。
(はかなくも、この彼女とは、クリスマス・イブの食事をした時に、
酔うと口数が多くなる私の酒癖が気にさわったようで、
即フラレました。)

対象的に、隣の営業チームで既にセールスマンとして
働いていた、独身寮の2年先輩でもあるD氏は、
上司から私をしっかり教育するように言われ、
私に対して「花の1課に入った限りは・・・」と
厳しい口調で言われ、プレッシャーを受けるの日々が
始まりました。

私の仕事ぶりを見ていて、能力不足というか至らない所が
気に入らなかったようで、仕事のみならず、言葉使いや動作など
細かな事柄に都度、注意を受けました。

私も一番下っ端故、従順に「はいはい」と言うこと聞いておりましたが、
「はい」は1回で良いと言われ、話をする際、間をつなぐ「えーと」と
言えば、そんな余計な言葉は言う必要ないなど、
いろいろと事細かく注意され続け、徐々にストレスが
たまっていきました。

その時は全く気づかなかったのですが、前の物流センターの研修時は、
肉体疲労が中心だったので、睡眠や休養で回復しましたが、
この時のストレスは違っていて、精神的な疲労でした。

親の目の届く環境から離れ、まだ20代初めの若さと世間知らずの
疎さから、自分の性格、性質を通じて、その時の状況が
どうしたらいいのか、わからなかった、というのがその時の
心境だったように思います。

今から思えば、この時の精神的なストレスが後々の私の人生に
影響を与えるとは、この時は微塵も思ってはいませんでした。


ここまで読んで頂きありがとうございました。

ご興味、ご関心を持たれましたら、感想のコメントを一言でも頂けたら嬉しいです。


仕事の人間関係を通して得たものを集大成としてまとめた

「人間関係を改善したい方のためのヒント”ここに在り”」(A4・6ページ)、

私の病気の経験からたどりついた、健康管理のノウハウをまとめた

「究極の健康管理のヒント"ここに在り"」(A4・5ページ)という、

読者の皆様にお役に立てそうな、どこにも掲載されたことのない、

2つのタイトルのオリジナル資料を初めて作成しました。


以上のような私の経験則を主体とする内容の資料で、ご参考になるかどうかわかりませんが、

ご興味、ご関心があり、メルマガ登録のお手続きを頂けたら、とても嬉しく思います。

自分勝手で厚かましいお願いかと思いますが、何卒ご検討の程、よろしくお願い致します。


メルマガ登録(無料)を頂けましたら、ささやかな御礼ではありますが、

この2種類の資料を無償でご提供させて頂きます。

(なお、初めてカウンセリング等のサービスを お申し込みされた方については、 

 お手続きが完了次第、 これらの資料をメールにて添付させて頂きます。)


ご希望の方は、下記のボタンを押してメルマガ登録フォームより、ご登録(無料)のお手続きをお願い致します。

ご登録確認後、近日中に資料をメールにて添付致します。それまで少しだけお待ち頂きます様、よろしくお願い致します。

なお、メルマガ解除は、いつでもできますので、お気軽にご登録下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000