私のとても好きな言葉

「私を愛する人も、私を憎む人も、私にとっては同じことなのです」

                                   マータ・アムリターナンダマイ大師(アンマ)

                                   (黎明 新版 葦原瑞穂著 下巻 P194 L14~15)

あなたたちが自分を愛する者のみを愛したところで、得るところは殆どない。
しかし、自分を嫌う者をも愛して始めてその酬(むくい)は大きいのである。

                                              イエス大師

                          (心身の神癒 M・マクドナルド・ペイン著、仲里誠吉訳 P464 L1~2)

施しをしても自分の善事をトランペットを鳴らして吹聴してはならぬ。
むしろ右手のしたことを左手に知らさぬことである。

                                                                                                                                                                イエス大師

                                                                                        (心身の神癒 M・マクドナルド・ペイン著、仲里誠吉訳 P465 L1~2)

「止めることすらできない、喜びの湧き出る泉で在りなさい」

                                                                                                                                                    ハイカラカン・ハバジ大師

                                                                                                                                      (黎明 新版 下巻 葦原瑞穂著 P200 L10)

この世界に必要なのは、指導者ではなく、使える人です。

誰もが指導者になりたいと思っています。

真の指導者でない指導者がたくさんいます。

ですから、指導者ではなく、真の下僕になろうではありませんか。

それが、真の指導者になる唯一の道なのです。

                                                                                                             「マータ・アムリターナンダマイの54の言葉」NO.48

地球人類の霊的指導に携わるという任務は、あらゆる人々の僕(しもべ)となり、

人類に仕えるという意味ですから、他の人達よりも自分が勝(すぐ)れている

と思うような迷いは、自我そのものの性質から生じる自己顕示欲であり、

人を導くどころか、最も未熟な意識状態を露呈するものだということを、

肝に命じておいて頂きたいと思います。

                                                                                                                                              (黎明 新版 葦原瑞穂著 下巻 P34)


なくなりはしまいかとと恐れているものに、

何とまあ誰も彼も同じように執着していることか。

おのが生命を得んとする者はこれを失い、

おのが生命を棄つる者はこれを得る。

                                                                                                                                                             イエス大師

                                                                                          (心身の神癒 M・マクドナルド・ペイン著、仲里誠吉訳 P72 L2~3)

求めよ、そうすれば贈り物はあなたたちのものとなる。探せよ、そうすれば見出す。
叩けよ、そうすれば戸は開かれる。求めるものは受け、探す者は見出し、叩く者には戸が開かれるからでる。

                                                                                                                                                               イエス大師

                                                                                          (心身の神癒 M・マクドナルド・ペイン著、仲里誠吉訳 P80 L1~3)


『何であれ、自分にして貰いたいと思うことを人にしてあげよ。』

人の長所、欠点を見れば、それが自分の中に固定してしまうことを

心の奥深く知るがよい。

また自分に人からして欲しいと思うことを先ず人にするがよい。

                                              イエス大師

                                                                                          (心身の神癒 M・マクドナルド・ペイン著、仲里誠吉訳 P72 L4~6)

明日を思い煩うな。「今」のみが唯一の時間である。今を自分の実在とせよ。
そうすれば明日のことは明日自身が処理するであろう。
では、未来を思い煩うの余り奇(くず)しき今を逸するなかれ。
意識は今の中でのみ創造をなしうるのであって明日においてではないのである。
また昨日においてでもないのである。
昨日は記憶に過ぎず、明日は希望に過ぎない。
今こそが唯一の創造をもたせす瞬間である。


                                                                                                                                                                 イエス大師

                                                                                        (心身の神癒 M・マクドナルド・ペイン著、仲里誠吉訳 P72 L7~11)

愛を求めるな!愛を与えよ!これこそが霊の真の栄養である。
いかなる場合にせよ愛ある処、憎しみと羨みと嫉みとは消えるからである。

                                                                                                                                                                 イエス大師

                                                                                        (心身の神癒 M・マクドナルド・ペイン著、仲里誠吉訳 P112 L2~3)